目的は、健全な雑穀の市場形成

日本雑穀アワードは、雑穀を使った優れた食品の表彰を通じて、健全な雑穀の市場形成につなげる制度です。消費者を代表する立場で、雑穀の幅広い知識やスキルを有する雑穀アドバイザー、雑穀クリエイター認定者が厳正、公正に審査を行い、ひとつの選択基準を示します。

2011年創設、2015年にデイリー食品部門、2017年にテイクアウト食品部門、及び業務用食品部門を新設し、合計4つの部門で実施しています。

[審査基準]

これまでの金賞受賞商品や今後のスケジュールなど、詳しい内容については、こちらの日本雑穀アワード特別サイトをご覧ください。

 

PAGE TOP