岩手宮古産“すき昆布”と仙台麩の麦のさっぱり煮

岩手宮古産“すき昆布”と仙台麩の麦のさっぱり煮

レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん(東京都)
使用している雑穀: 大麦(丸麦)

2011年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
岩手の友人から頂いた“すき昆布”と仙台麩の夏の煮物です。素材本来が持っている味を引き立てたさっぱり味ですが油麩のコクと麦の食感で食べ応えがあります。夏バテ防止に必要なビタミンB1、ミネラルも豊富な身体に優しい夏の食卓の一品です。

—————————————————————————-
材料 (6人分)

すき昆布(または刻み昆布)水で戻したもの 100g、
仙台麩 6cm、丸麦 大さじ2、人参 30g、
生姜(千切り) 大さじ1、干し椎茸(水で戻しておく) 2枚
[A] だし汁 200ml(椎茸の戻し汁も加える)、酒 大さじ3、みりん 大さじ1、三温糖 大さじ1、しょうゆ 大さじ2、塩 小さじ1
—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

  1. 椎茸は厚さを半分に切り細切り。仙台麩は1cmの厚さに切り、ぬるま湯でもどす。
  2. 人参は3cmの長さの細切り、丸麦は沸騰した湯で好みの固さに茹でておく。
  3. 鍋に[A]を合わせて火にかけ、沸いたら1.を入れて弱火で3分程度煮る。
  4. 更に人参、水で戻したすき昆布、丸麦を加え、沸騰したらすぐ火を止めて生姜を加えてそのまま冷ます。
  5. 粗熱が取れたら冷蔵庫で良く冷やしてサービスする。

関連記事

 【評価基準】
・味覚評価(おいしさ)
・雑穀の生かし方
・商品としての価値
・雑穀普及への貢献


雑穀の特徴を生かしておいしさを伝える優れた食品を表彰する制度は、健全な雑穀の市場形成を目的に、雑穀アドバイザー、雑穀クリエイター認定者が専門性を生かして、厳正・公正に評価を行います。

おすすめ雑穀レシピ

  1. ひえの夜桜 レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん(東京都) 使用している雑穀: ひ…
  2. 子持ち風お魚ふりかけ レシピ作成:雑穀アドバイザー いとう ゆうこ さん(奈良県) 使用して…
ページ上部へ戻る