キビ(黍) Common millet イネ科、キビ属

中央アジアなどが原産地で、ヨーロッパには石器時代に伝わり、18世紀にヨーロッパからの移民がアメリカに伝えた。日本には、アワ、ヒエ、イネよりも遅れて伝来したと考えられている。
見た目の“黄実”が語源で、キビと呼ばれるようになったと言われるが、品種により白っぽいものや褐色のものもある。黄色い色素はポリフェノールで抗酸化性に優れている。

関連記事

これまでに約3,000名の認定者を輩出

おすすめ雑穀レシピ

  1. 栗おこわのおにぎり レシピ作成:雑穀アドバイザー 川﨑 文代 さん(愛媛県) 使用している雑…
  2. 雑穀色々チーズの盛り合わせ レシピ作成:雑穀アドバイザー やすま ゆかり さん(神奈川県) …
ページ上部へ戻る