アワ(粟) Foxtail millet  イネ科、アワ属

原産地は中央から西アジアで、原型は雑草のエノコログサ(ねこじゃらし)と推定されている。日本においては、縄文時代から栽培されていたヒエと並ぶ日本最古の穀物で、イネが伝来する前の主食だったと見られる。
表面の色素はポリフェノールであり、パントテン酸の含有量が雑穀の中では特に多い。
アワの名前は、風味が淡いことに由来している。

関連記事

 【評価基準】
・味覚評価(おいしさ)
・雑穀の生かし方
・商品としての価値
・雑穀普及への貢献


雑穀の特徴を生かしておいしさを伝える優れた食品を表彰する制度は、健全な雑穀の市場形成を目的に、雑穀アドバイザー、雑穀クリエイター認定者が専門性を生かして、厳正・公正に評価を行います。

おすすめ雑穀レシピ

  1. ぐじと蕪の雑穀蒸し レシピ作成:雑穀クリエイター 梶川 愛 さん(大阪府) 使用している雑穀…
  2. 夏野菜の冷え(ひえ)サラダ レシピ作成:雑穀アドバイザー 川﨑 文代 さん(愛媛県) 使用し…
  3. もち麦とアンディーブのタルタルサラダ レシピ作成:雑穀クリエイター 梶川 愛 さん(大阪府) …
ページ上部へ戻る