アマランサス Grain amaranthus ヒユ科、ヒユ属

多くの種類があり、観賞用、野菜用、穀実用として栽培されている。穀実用としては、センニンコク、ヒモゲイトウ、スギヒモゲイトウの3種がある。
栽培化は古く、紀元前5000年~紀元前3000年には、アンデス南部の山岳地帯で栽培され、以来インカ帝国に至るまで重要作物であったとされている。カルシウム、ビタミンB₆、葉酸、鉄、亜鉛を多く含む。種皮が柔らかいので、精白しないで全粒で食べることができることは、高い栄養価の一因でもある。

関連記事

 【評価基準】
・味覚評価(おいしさ)
・雑穀の生かし方
・商品としての価値
・雑穀普及への貢献


雑穀の特徴を生かしておいしさを伝える優れた食品を表彰する制度は、健全な雑穀の市場形成を目的に、雑穀アドバイザー、雑穀クリエイター認定者が専門性を生かして、厳正・公正に評価を行います。

おすすめ雑穀レシピ

  1. あわを巻いた“海老春巻” レシピ作成:雑穀アドバイザー 郡司 麻美 さん(長野県) 使用して…
  2. 雲丹の茶碗蒸し~とろりミレットあんかけ レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん(東京都…
ページ上部へ戻る