モロコシ(高黍)Sorghum イネ科、モロコシ属

アフリカが原産地で、日本には14世紀ごろに中国から高粱という品種が伝来したと記録されているが明確ではない。
非常に使用用途が広く、実を粉にして主食にするほか、ビールの醸造原料としても用いられる。また、穂を箒として利用したり、茎は飼料や壁の材料、燃料、さらには、糖蜜も採取でき、青刈りして飼料にもされている。
その弾力性からひき肉の代用素材としても使われる。最近は、グルテンフリー素材として、白い品種のホワイトソルガムも利用が広がっている。

関連記事

 【評価基準】
・味覚評価(おいしさ)
・雑穀の生かし方
・商品としての価値
・雑穀普及への貢献


雑穀の特徴を生かしておいしさを伝える優れた食品を表彰する制度は、健全な雑穀の市場形成を目的に、雑穀アドバイザー、雑穀クリエイター認定者が専門性を生かして、厳正・公正に評価を行います。

おすすめ雑穀レシピ

  1. たかきびとクリームチーズのマフィン レシピ作成:雑穀アドバイザー 川端 淳子 さん(東京都) …
  2. 十六穀の白玉だんご レシピ作成:雑穀アドバイザー やすま ゆかり さん(神奈川県) 使用して…
ページ上部へ戻る