モロコシ(高黍)Sorghum イネ科、モロコシ属

2019アフリカが原産地で、日本には14世紀ごろに中国から高粱という品種が伝来したと記録されているが明確ではない。
非常に使用用途が広く、実を粉にして主食にするほか、ビールの醸造原料としても用いられる。また、穂を箒として利用したり、茎は飼料や壁の材料、燃料、さらには、糖蜜も採取でき、青刈りして飼料にもされている。
その弾力性からひき肉の代用素材としても使われる。最近は、グルテンフリー素材として、白い品種のホワイトソルガムも利用が広がっている。

関連記事

これまでに約3,000名の認定者を輩出

2020年1月24日(金)出版記念講演会開催

好評連載中! 信実の雑穀ストーリー

おすすめ雑穀レシピ

  1. 釜揚げしらすとカリカリそばの実麦とろご飯 レシピ作成:雑穀アドバイザー やすま ゆかり さん(…
  2. あわとびわのシロップ煮・あわアイスクリーム添え レシピ作成:雑穀クリエイター 浜辺 恵子 さん…
ページ上部へ戻る