海老とポルチーニ茸のもち粟クリーム、ブーシェ仕立て

海老とポルチーニ茸のもち粟クリーム、ブーシェ仕立て

レシピ作成:雑穀アドバイザー 安間 由香理 さん(神奈川県)
使用している雑穀: もちあわ

2011年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
ボルチーニの旨みをたっぷり含んだもち粟のクリームをパイの器に詰めて、かわいい帽子をのせました。バターや小麦粉を使わないもち粟クリームは、コクがあるのに重すぎずヘルシーです。前もって準備をしておいて、サーブする直前に温めてもOKです。

—————————————————————————-
材料 (4人分)

小海老 8尾、ドライポルチーニ茸 5g、もちあわ 15g、玉ねぎのみじん切り 大さじ1杯、
グレープシードオイル 小さじ1杯、牛乳 200ml、塩、白胡椒 適量、
冷凍パイ生地 2?3枚、卵黄液(卵黄1個分に水大さじ1杯を加えたもの)
—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

 *オーブンを200度に余熱

  1. 室温においたパイ生地を円形の型で12枚、その内8枚は一回り小さい円形の型で抜きドーナツ型にする。円形1枚にドーナツ型2枚を卵黄液でのり付けしながら重ねていき、表面につや出しのための卵黄液を塗り、小さい型でくりぬいた1枚にも塗る。190度のオーブンで20分焼く。
  2. ポルチーニ茸を牛乳200mlに浸して戻し、ポルチーニ茸が柔らかくなったら、水気を絞り、残りの牛乳はとっておく。
  3. 茶こしで水を通したもち粟を200mlの水から10分茹で、2の牛乳を加えて、とろりとするまで弱火で煮る。
  4. 小鍋にグレープシードオイルを入れ、玉ねぎのみじん切りを焦がさないように炒め、海老とポルチーニ茸を加えて更に炒める。3.に加えて、塩と白胡椒で味を調える。
  5. 1.に4.を詰め、サラダなどと共にサーブする。

関連記事

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. つぶつぶ雑穀のケークサレ レシピ作成:雑穀クリエイター 栂安 信子 さん(北海道) 使用して…
  2. ごぼうのポタージュ、スパイス大麦添え レシピ作成:雑穀クリエイター 栂安 信子 さん(北海道)…
  3. 生姜ひじきとヒエのシフォンケーキ レシピ作成:雑穀クリエイター 栂安 信子 さん(北海道) …
ページ上部へ戻る