爽やかニューサマーオレンジのミレットチーズケーキ

爽やかニューサマーオレンジのミレットチーズケーキ

レシピ作成:雑穀アドバイザー やすま ゆかり さん(神奈川県)
使用している雑穀: 餅あわ、餅きび、アマランサス

2012年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
小田原産ニューサマーオレンジの原種は、小ぶりですが独特の爽やかな酸味がありジューシーです。餅あわと餅きびのクリームを用い、ヘルシーなのにコクのある仕上がりとしました。アマランサスのソースは、後味が良く、ジャムのように使っていただいても美味しいです。大ぶりの果実を使う場合は、果汁を少し煮詰めて使ってみて下さい。

—————————————————————————-
材料 (18cm径1台分)

卵(L玉) 2個、きび砂糖 60g、カッテージチーズ(うらごしタイプ) 150g、プレーンヨーグルト 50g、薄力粉 30g、ニューサマーオレンジ(絞り汁 30ml、皮のすり下ろし 2個分、薄い輪切り 5枚)
[雑穀クリーム] 餅あわ 大さじ1杯、餅きび 大さじ1杯、牛乳 150ml、きび砂糖 30g
[ソース] アマランサス 大さじ1杯、ニューサマーオレンジの絞り汁 100ml
—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

【下準備】
*オーブンを190度に予熱(使用時に10度下げる)
*型(18cm径)の内側にサラダ油(分量外)を塗り、オーブンペーパーを敷く。

  1. 雑穀クリームを作る。
    茶こしで水を通した餅あわと餅きびを、200ml(分量外)の水に30分浸水させ、弱火で、沸騰後15分加熱する。牛乳と砂糖を加え、15分ほど煮て、クリーム状になったら火を止め粗熱を取る。
  2. ボウルに卵を割り入れ、砂糖を加えてもったりするまで撹拌する。
  3. 別のボウルにカッテージチーズとプレーンヨーグルトを合わせ、1.を加え混ぜ合わせる。生地を撹拌しながら2.を少しずつ合わせていく。ニューサマーオレンジの絞り汁と皮のすり下ろしを加える。薄力粉を振り入れ、全体をさっくりと混ぜ合わせる。
  4. 型に流し込み、表面にニューサマーオレンジの輪切りをそっとのせ、180度のオーブンで25分?30分焼く。焼き上がったら型から外して、粗熱を取って冷蔵庫で冷やす。
  5. ソースを作る。
    水を通したアマランサスをたっぷりの水から透明になるまで茹で、茶こしでお湯を切る。小鍋に戻し、ニューサマーオレンジの絞り汁を注ぎ、弱火でとろりとするまで煮詰める。
  6. カットしたケーキにソースを添えてサーブする。好みで皮のすり下ろしや絞り汁少々をちらす。

関連記事

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. ごぼうのポタージュ、スパイス大麦添え レシピ作成:雑穀クリエイター 栂安 信子 さん(北海道)…
  2. 雑穀とナッツの宝石テリーヌ レシピ作成:雑穀アドバイザー 梶川 愛 さん(大阪府) 使用して…
  3. あわとびわのシロップ煮・あわアイスクリーム添え レシピ作成:雑穀クリエイター 浜辺 恵子 さん…
ページ上部へ戻る