きびとあさりの春色ごはん

きびとあさりの春色ごはん

レシピ作成:雑穀アドバイザー 郡司 麻美 さん(東京都)
使用している雑穀: もちきび

2012年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
きびと菜の花の色合いが春らしく、お客様に雑穀を目でも味でもアピールできるお料理です。ごはんはあさりの味を活かしたやさしい味に、おとなりに『みそ豆』を一緒にお出ししていろいろな召し上がり方でお楽しみいただけます。きびは、ごはんと少量一緒に炊き、ごはんとなじんだもの、別に茹でて味付けをし色鮮やかなトッピングにと両方使用します。

—————————————————————————-
材料 (4人分)

お米 1.5合、もちきび(炊飯用) 10g(大さじ1弱)、あさり 250g、酒 50ml、
もちきび(トッピング用) 30g(大さじ2)、ごま油 小さじ1×2、塩 少々、菜の花 80g
A [水 300ml、塩 小さじ1]

【みそ豆】 酒 大さじ2、みりん 大さじ2、みそ 大さじ2と1/2、お湯 1/3カップ、
ゆで大豆 200g、かつおぶし 10g

—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

  1. お米ときび(炊飯用)は洗ってざるにあげ、水をよくきった後、炊飯器に入れてAをまぜ、30分ほどおいておく。
  2. あさりは砂出しをした後、こすり洗いをしてぬめりをとる。
  3. 鍋にあさりと酒を入れて蓋をして強火で蒸し煮する。
  4. あさりの口がひらいたらペーパータオルで濾してあさりと蒸し汁を分ける。あさりは殻から取り出しておく。
  5. 1.にあさりの蒸し汁を加え、軽く混ぜ合わせて炊く。
  6. 炊きあがったらあさりの身を加えて軽く混ぜておく。
  7. 菜の花は色よく茹でて2㎝に切り、塩少々とごま油小さじ1を混ぜたものに和える。
  8. 沸騰した湯にきび(トッピング用)を入れて、芯がなくなるまで茹でて湯を切り、塩少々とごま油小さじ1を混ぜたものに和える。
  9. お茶碗にきび入りあさりご飯を盛り、菜の花と8のきびをちらして出来上がり。

【みそ豆】

  1. 酒、みりん、みそ、お湯は混ぜ合わせておく。
  2. ゆで大豆は鍋に沸かした湯に温め、ざるにあげておく。
  3. 鍋に大豆を戻して1を加え、混ぜながら煮汁がなくなるまで煮る。
  4. かつおぶしをもみながら加えて混ぜる。
    盛りつけたごはんの横にみそ豆を添えて仕上げます。

関連記事

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. つぶつぶ雑穀のケークサレ レシピ作成:雑穀クリエイター 栂安 信子 さん(北海道) 使用して…
  2. フルーツとキヌアのキラキラジェリー レシピ作成:雑穀アドバイザー 梶川 愛 さん(大阪府) …
  3. もち麦とりんごとじゃがいものポタージュ レシピ作成:雑穀クリエイター 浜辺 恵子 さん(長崎県…
  4. きずな レシピ作成:雑穀クリエイター ゆあさ よしこ さん(宮城県) 使用している雑穀: ひ…
  5. 岩手宮古産“すき昆布”と仙台麩の麦のさっぱり煮 レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん…
ページ上部へ戻る