ねりねりだいこんしゅうまい

ねりねりだいこんしゅうまい

レシピ作成:雑穀アドバイザー 前川 裕子 さん(茨城県)
使用している雑穀: 半もちひえ、エゴマ

2012年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
私の故郷は大好きな東京練馬区、もちろん練馬大根の名産地。40年生まれ育った街は様変わりしたものの、まだ畑もあります。今は茨城におりますが、大根を主張させたいと思って考えました。練馬なので練り物のしゅうまいにし、栄養バランスの良いもちひえをつなぎにして、味はシンプルに味噌、大葉とシソ科のエゴマと梅の風味をいれました。しっかり味はありますが、和からしが合います。

—————————————————————————-
材料 (4人分)

鶏胸挽肉 200g、大根 200gと70g、えのき 60g、玉ネギ10cm、大葉 5枚、大根葉の茎 3本、半もちひえ 15g、片栗粉、大根の葉、和からし
※[エゴマ 5g 味噌、梅肉、ヨーグルト 大さじ1 生姜汁 少々]
オーブンシート(大きさに合わせて8枚切る)
—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

【下準備】

  1. 大根200gは千六本か千切りにし、塩水につけしんなりさせてから水を切って、片栗粉をまぶしておく。
  2. 70gは大根おろしにしておく。
  1. 鶏挽肉をボールに入れよく練ってから、細かく切ったえのき、玉ネギ、大葉、大根の葉と※の調味料等とBのおろし大根を加え、さらによく練る。
  2. 手を濡らし1.を8等分して大根のような形にして、広げたAの上に乗せて周りに衣状につけ、成形して片栗粉をまぶし、ひとつずつオーブンシートに乗せる。
  3. 蒸気の上がった蒸し器で20分蒸す。
  4. 取り出して、茹でた葉と細かく切った茎、和からしで盛り付ける。

関連記事

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. あわのあずきシフォン レシピ作成:雑穀エキスパート 室田 厚子 さん(東京都) 使用している…
  2. そばチョコサブレ レシピ作成:雑穀アドバイザー 郡司 麻美 さん(東京都) 使用している雑穀…
  3. つぶつぶ雑穀のケークサレ レシピ作成:雑穀クリエイター 栂安 信子 さん(北海道) 使用して…
ページ上部へ戻る