食べるスープ ~アクアパッツァ~

食べるスープ ~アクアパッツァ~

レシピ作成:雑穀アドバイザー 川﨑 文代 さん(愛媛県)
使用している雑穀: もちきび

2012年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
愛媛県産の旬の魚介類と新鮮なミニトマト・アスパラガスを組み合わせて、食べるスープを作りました。もちきびに魚介類の旨味を吸わせることで、軽くとろみがつき美味しいスープを最後までいただくことができます。天然真鯛の鮮やかな色・もちきびの黄色が料理を華やかに見せてくれます。

—————————————————————————-
材料 (2~3人分)

もちきび 大さじ1、真鯛 1尾、あさり 200g、にんにく 1片、ミニトマト 9個、グリーンアスパラガス 30g、イタリアンパセリ 適量、オリーブ 6個、ケッパー 適量、ローリエ 1枚、塩・こしょう 適量、白ワイン 100ml、水 100ml、オリーブオイル 大さじ2
—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

  1. 真鯛はうろこと内臓を取り除き、切り込みを入れて塩・こしょうをまぶす。
  2. もちきびはさっと水にくぐらせる。
  3. にんにくは叩きつぶす。ミニトマトはヘタを取る。アスパラガスは2㎝に切る。
  4. 白ワイン・水・ローリエを入れて煮汁をかけながら真鯛に火を通す。
  5. 真鯛にほぼ火が通ったところであさり・もちきび・ミニトマト・アスパラガス・オリーブ・ケッパーを加えて3~5分煮込む。塩・こしょうで味を調える。イタリアンパセリのみじん切りを散らして出来上がり。

関連記事

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. 食べるスープ ~アクアパッツァ~ レシピ作成:雑穀アドバイザー 川﨑 文代 さん(愛媛県) …
  2. ボンボンショコラ レシピ作成:雑穀アドバイザー 川﨑 文代 さん(愛媛県) 使用している雑穀…
  3. 雑穀色々チーズの盛り合わせ レシピ作成:雑穀アドバイザー やすま ゆかり さん(神奈川県) …
ページ上部へ戻る