釜揚げしらすとカリカリそばの実麦とろご飯

釜揚げしらすとカリカリそばの実麦とろご飯

レシピ作成:雑穀アドバイザー やすま ゆかり さん(神奈川県)
使用している雑穀: はだか麦、そばの実

2012年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
とろろはシンプルに麦味噌で味付けし、柚胡椒の辛さとカリカリ梅の酸味をアクセントにしました。炒めて味付けしたそばの実は、香ばしく、食感が楽しいです。しらすとそばの実をトッピングすることで、カルシウム・鉄分・マグネシウムやビタミン類も補い、バランスが取れ、栄養価も高くなりました。
—————————————————————————-
材料 (4人分)

麦ご飯:白米 2合、はだか麦 1合
とろろ:山芋又は長芋 300g、麦味噌 大さじ1杯、柚胡椒 小さじ1杯
トッピング:釜揚げしらす 150g、カリカリ小梅 4個、カリカリそばの実(そばの実 大さじ1杯、サラダ油 小さじ1杯、醤油 少々)、青のり 適量
—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

  1. 白米とはだか麦を洗って、通常の水加減で30分間浸水後炊く。炊きあがったら全体をかき混ぜ、麦をふっくらさせるために15分から20分蒸らす。
  2. カリカリそばの実を作る。サラダ油でそばの実を炒め、カリッとしてきたら醤油少々をからめる。
  3. 山芋の皮を剥き、すり鉢ですりおろし、味噌とゆず胡椒を加えて、すりこぎで擂りながら混ぜ合わせていく。
  4. カリカリ小梅を包丁の腹で潰し、種を除いて粗く刻む。
  5. 器にご飯を盛りつけ、とろろをかけ、トッピングを盛りつける。

関連記事

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. 生姜ひじきとヒエのシフォンケーキ レシピ作成:雑穀クリエイター 栂安 信子 さん(北海道) …
  2. つぶつぶ雑穀のケークサレ レシピ作成:雑穀クリエイター 栂安 信子 さん(北海道) 使用して…
  3. つぶつぶピタパンの海老サンド レシピ作成:雑穀アドバイザー やすま ゆかり さん(神奈川県) …
ページ上部へ戻る