雑穀焼きおにぎりのはまぐり茶漬け

雑穀焼きおにぎりのはまぐり茶漬け

レシピ作成:雑穀アドバイザー やすま ゆかり さん(神奈川県)
使用している雑穀: 岩手県産「半もちひえ」ブレンド 花咲かじいさん

2012年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
小粒の雑穀ミックス(花咲かじいさん)を入れて炊いたご飯で、 焼きおにぎりにしても固くなりません。その雑穀ご飯の美味しさを味わうため、シンプルな味付けにしました。おにぎりは握った後しばらく置いてから油を塗った網で焼き、醤油はスプレーなどに入れるとまんべんなくかけることが出来ます。焼きおにぎりをくずしながら、蛤のだしと一緒に味わってください。
—————————————————————————-
材料 (4人分)

雑穀ご飯 二合弱(白米一合に対して花咲かじいさん 大さじ2杯)
はまぐり 4~8個(食塩水で砂出しをしたもの)
水 500ml、 昆布 10cm
日本酒 大さじ1、塩 小さじ1、白だし 小さじ1/2
醤油、わさび、三つ葉、食用菊、柚の皮

—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

  1. 雑穀ご飯を三角に握り、網で焼き、醤油を塗って更に焼く。
  2. はまぐりの殻と殻をこすり合わせてよく洗う。三つ葉を茹でて冷水に取ってから結ぶ。
  3. 昆布に切り目を入れ、3時間以上浸水後鍋に入れ中火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出す。沸騰したらはまぐりを入れ、殻が開き始めたら、日本酒を入れてアクを取りながら弱火で煮る。
  4. 白だしと塩で味を調える。
  5. お椀に1.の焼きおにぎりを入れ、はまぐりをのせてだしを注ぎ、わさび、三つ葉を添え、菊と柚を散らす。

関連記事

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. 粟ご飯の豚肉フルーツロール レシピ作成:雑穀クリエイター 栂安 信子 さん(北海道) 使用し…
  2. 新たけのこのもち麦はさみ揚げ レシピ作成:雑穀アドバイザー やすま ゆかり さん(神奈川県) …
  3. ぐじと蕪の雑穀蒸し レシピ作成:雑穀クリエイター 梶川 愛 さん(大阪府) 使用している雑穀…
ページ上部へ戻る