ひえと青大豆のオーブン焼き

ひえと青大豆のオーブン焼き

レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん(東京都)
使用している雑穀: ひえ、極小青大豆

2013年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
簡単でヘルシーなオーブンの蒸し焼きです。ひえをプラスして焼くだけで鶏やトマトのジューシーな旨味をひえがたっぷり吸い、クリーミーなとろみがついてプチプチ感も。そこに甘みのある青大豆がその色と食感とともに料理を引き立ててくれます。暑い夏を控えたこの時期に、大豆の良質のタンパク質とカルシウム、ひえのミネラルと食物繊維が身体に嬉しいですね。

—————————————————————————-
材料 (4人分)
ひえ 1/2カップ  極小青大豆 20g

鶏のもも肉 200g / A【水500cc+白ワイン100cc+ローリエ1枚】
トマト2個(150gくらい)新じゃがいも4個(150gくらい)
モッツァレラチーズ 1個 アンチョビ(みじん切り)3~4枚

香草パン粉 30グラム / B【パン粉200g・にんにく2片・ハーブ(イタリアンパセリ・タイムなど)1~2枝・パルミジャーノ・レッジャーノ 大さじ1/2】

オリーブ・オイル 適量  塩・胡椒 適量

—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

【下準備】

  1. 青大豆は洗って固めに茹でておく。
  2. 鍋にAを入れて沸騰させ、鶏肉を入れ再び沸騰したら火を極弱火にして落し蓋をして10分後、火を止めてそのまま冷ます。
  3. フードプロセッサーにBの材料をすべて入れて細かく砕き香草パン粉を作っておく。
    冷蔵庫で2週間保存出来ます。グラタン、揚げ物等にも使えて便利です。
  4. トマトとじゃがいも、モッツァレラチーズはそれぞれ3mmの厚さに切っておく。
  1. 鶏肉はそぎ切りにして茹で汁はとっておく。
  2. ひえはさっと水を通しておく。
  3. 耐熱皿にじゃがいも、トマト、ひえ、青大豆、アンチョビ、鶏肉、モッツァレラチーズの順に重ねる。茹で汁をひえが浸るくらいに加えて、最後に香草パン粉をふる。
  4. 器にアルミホイルをかぶせ、180度に余熱したオーブンで20分焼き。アルミホイルを外して220度に上げたオーブンで焦げ目がつくくらい10~15分ほど焼く。
  5. 好みでオリーブ・オイルをかけて頂く。

*塩と胡椒もお好みで足してください。

関連記事

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. 新たけのこのもち麦はさみ揚げ レシピ作成:雑穀アドバイザー やすま ゆかり さん(神奈川県) …
  2. ぷちぷちビューティカップサラダ レシピ作成:雑穀エキスパート 室田 厚子 さん(東京都) 使…
  3. みんな大好き!米粉のもっちり焼きカレーパン レシピ作成:雑穀エキスパート 室田 厚子 さん(東…
ページ上部へ戻る