しこくびえと煮りんごのケーキ

しこくびえと煮りんごのケーキ

レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん(東京都)
使用している雑穀: しこくびえ粉、アマランサス

2014年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
シコクビエ粉とセモリナ粉をあわせることでしっとりと弾力のある、そして温かみのある色の生地となりました。雪のように降り注いだポップしたアマランサスの軽いサクサク感とクルミも良いアクセントとなっています。煮りんごとヨーグルトの酸味がシコクビエの優しい風味を引き立てています。どなたでも失敗なく簡単にお作りいただけます。冬の日にあたたかい部屋でお茶とゆっくり楽しんで頂きたい季節感の感じられるケーキです。

—————————————————————————-
材料 (直径18㎝のケーキ型 1台分)
[りんご煮]
紅玉(またはジョナゴールドなど)2個、レモン汁 1個分、グラニュー糖 大さじ4

A【上白糖 80g、全卵 3個、オリーブオイル 1/2カップ、水きりヨーグルト 1カップ(100g位)】
B【しこくびえ粉 40g、セモリナ粉 110g、ベーキングパウダー 小さじ2 】
クルミ 大さじ3、アマランサス 大さじ1、粉糖 小さじ1/2
飾り用 ミントの葉

*水切りヨーグルトは2カップのヨーグルトを一晩水をきると1カップになります。

—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

[りんご煮]
りんごはよく洗い、皮ごと8等分のくし切りにして芯は丁寧に取り除く。切ったりんご、レモン汁、グラニュー糖をボウルに合わせ、10分おく。平鍋にりんごの皮を下にして並べ中火にかけ、10分煮上げたらそのままの状態で冷やす。

[ポップアマランサス]
フライパンを強火で熱し、フライパンから煙が出るくらい熱くなったらアマランサスが重ならないように薄く入れ、素早くふたをする。火からおろして余熱でポップして、粉糖をふっておく。

  1. 型にバターをぬり、ペーパーを敷いておく。Bはふるっておく。クルミは半分に切っておく。
  2. Aをよく混ぜ、さらにBも加えてよく混ぜ合わせる。
  3. 型に2.のフィリング半量を入れてクルミをバランスよく加え、残りのフィリングも入れる。その上に煮りんごをおく。
  4. 170度~180度のオーブンで40分ほど焼き、竹串をさして焼き加減を見てからオーブンから出す。
  5. 上からポップアマランサスをふりミントを飾ってサービスする。

関連記事

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. 生姜ひじきとヒエのシフォンケーキ レシピ作成:雑穀クリエイター 栂安 信子 さん(北海道) …
  2. 菊花とかますの黒米ご飯 レシピ作成:雑穀クリエイター 梶川 愛 さん(大阪府) 使用している…
  3. 子持ち風お魚ふりかけ レシピ作成:雑穀アドバイザー いとう ゆうこ さん(奈良県) 使用して…
ページ上部へ戻る