ひえの秋色パウンドケーキ

ひえの秋色パウンドケーキ

レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん(東京都)
使用している雑穀: ひえ、レッドキノア

2013年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
ミルキーでマイルドな風味が特徴のひえ粉を使った、暑さのまだ残るこの時期の口当たりの軽いパウンドケーキです。バターを使わずオリーブオイルを加え、又、蜂蜜とメープルシロップで優しい甘さに仕上げました。いちじくと栗の相性も良く、レッドキノアが秋の食材の色を引き立たせ、そのプチプチ食感も美味しいですよ。メレンゲはしっかり泡立て、混ぜ合わせる時は時間をかけずさっくりとあわせると失敗なく焼きあがります。

—————————————————————————-
材料 (20cm×7cm×5cm パウンド型1本分)
ひえ粉 40g、レッドキノア 15g
卵 3個、
A【薄力粉 120g、ベーキングパウダー 3g】
オリーブオイル 50ml、蜂蜜 大さじ3、メープルシロップ 大さじ1、牛乳 50ml
干いちじく 50g、栗甘露煮 50g

シロップ(水 30ml+グラニュー糖 10g) 大さじ3

—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

 *ひえ粉がない時はひえをミルで挽くとよい。
*干いちじくと栗が大きいようだったら縦半分に切っておく。小ぶりなら丸ごと使う。

  1. レッドキノアは目の細かいザルに入れて上からさっと水を流す。
    鍋にたっぷりの水を沸騰させ茹でる。(目安8分)固さを確認して、茹であがったらざるにあげ、よく水気をきっておく。
  2. 卵は黄身と白身に分けておく。
    卵黄にオリーブオイルを加えて、白っぽくなるまで泡だて器で良く混ぜ、牛乳も加えて混ぜ合わせる。
  3. 卵白に蜂蜜とメープルシロップを加えて泡だて器でメレンゲ状にする。
  4. 2.のボウルにふるったAとひえ粉、1.を加え、更に3.も加えさっくり混ぜ合わせる。
  5. 干いちじくと栗も4.に加え、パウンド型に生地を流し込み、170度に予熱したオーブンで40~50分焼く。
  6. 焼きあがったらすぐに上部にシロップを刷毛でたっぷり塗って染み込ませる。

 ※ 一日置くとなじみがよくなる。

関連記事

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. あわを巻いた“海老春巻” レシピ作成:雑穀アドバイザー 郡司 麻美 さん(長野県) 使用して…
  2. もずくと夏野菜のぷちぷち・こりこりサラダ レシピ作成:雑穀アドバイザー 和泉 理絵 さん(神奈…
  3. ごぼうのポタージュ、スパイス大麦添え レシピ作成:雑穀クリエイター 栂安 信子 さん(北海道)…
  4. 食べるスープ ~アクアパッツァ~ レシピ作成:雑穀アドバイザー 川﨑 文代 さん(愛媛県) …
ページ上部へ戻る