五穀と生麩のおしるこ

レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん(東京都)
使用している雑穀: 黒米・ひえ・もちあわ・丸麦・もちきび・黒豆

2013年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
温かく甘い冬の甘味です。雑穀は粒の大きさともち性、うるち性をバランスよく配合しました。炒った黒豆の香ばしさと黒米の濃い紫色も温かさとおいしさを引き立ててくれます。冷めて、粘りが強くなってきたら焼いたお餅を絡ませてあんころ餅も美味しいでしょう。

—————————————————————————-
材料 (6人分)
黒豆 40g
A【ひえ 20g、もちあわ 20g、もちきび 10g、丸麦 10g】
B【黒米 大さじ1/2、水 400g】
きび砂糖 25g、こしあん 150g
塩 小さじ1/4
生麩(粟麩・よもぎ麩等)  砂糖水(きび砂糖2:水1)

—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

  1. 黒豆はフライパンで15分ほど弱火でゆっくりと乾煎りする。皮がぱちんとはぜて香ばしい香りがしてきたら煎り上がりです。
  2. 黒米は30分以上Bの水に浸水させておきます。
  3. 鍋に黒豆とAの雑穀を入れて火にかけ、1分ほど乾煎りしてなじませ、2.の黒米を水と一緒に入れます。沸騰したらきび砂糖とこしあんも加えて黒豆と黒米が好みの柔らかさになるまで煮ます。途中、塩も加えます。
  4. 生麩は好みで丸く切り抜き、砂糖水を塗って両面を軽く焦げ目が付くように焼きます。
  5. 器にしるこを盛り、焼いた生麩をのせてサービスする。

関連記事

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. ひじきともちきびのカレー レシピ作成:雑穀アドバイザー 靏田 美加 さん(神奈川県) 使用し…
  2. もちきびと青大豆のミルクパン レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん(東京都) 使用…
  3. 菊花とかますの黒米ご飯 レシピ作成:雑穀クリエイター 梶川 愛 さん(大阪府) 使用している…
  4. 丸麦の夏サラダ レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん(東京都) 使用している雑穀:…
  5. スパイシーそばがきナゲット レシピ作成:雑穀アドバイザー やすま ゆかり さん(神奈川県) …
ページ上部へ戻る