ひえの夜桜

レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん(東京都)
使用している雑穀: ひえ

2014年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
待ち遠しい春の訪れを喜び、夜桜をイメージしました。たっぷりはいったひえのクリーミーな食感と苺の粒感のハーモニーが絶妙です。こしあんの羊羹のツルンとした喉越しも魅力です。ひえの食物繊維とパンテトン酸、そして苺のビタミンCもこの春先に摂取したい栄養素です。見た目にも可愛らしく、失敗なく簡単に作って頂ける羊羹です。よく冷やしてどうぞ、召し上がれ。

—————————————————————————-
材料 (15×15㎝型)
【水羊羹】寒天 5g、グラニュー糖 150g、こし餡 250g、水270ml
【苺のひえゼリー】寒天 5g、グラニュー糖 50g、いちご 100g、水 100ml、ひえ 大さじ2
桜の花の塩漬け 適量

—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

【A 水羊羹】

  1. 寒天は一晩水につけて戻し、軽くすすぎ、ちぎって、水を入れた鍋に入れ火にかけ、溶かす。
  2. 寒天が十分溶けたら砂糖を入れ溶かし、漉しておく。
  3. 鍋に2.と餡を入れて火にかけ餡を溶かし、滑らかにして火からおろして粗熱を取る。

【B 苺のひえ羊羹】

  1. ひえはあらかじめ30分浸水させてから軽く水を切り、10分蒸す。
  2. 苺は良く洗い、葉を取り水と砂糖と一緒にミキサーに入れてピューレ状にする。
  3. 寒天は一晩水につけて戻し、軽くすすぎ、ちぎって2.のピューレと鍋に入れ火にかけ、寒天を溶かし、漉しておく。

【仕上げ】
型の内 側を濡らしておき、Aの羊羹を流し込み、全部が完全に固まらず、 やや固まりかけた羊羹の端の方から、Bを熱が残っているうちにゆっくり流し込む。
粗熱がとれたら、塩抜きした桜の花の塩漬けを均等に並べて冷やし固める。
お好みの大きさに切り揃え、サービスする。
上手く2層にならなければ、サイの目に切ってカップでサービスしてもいいですね。

関連記事

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. みんな大好き!米粉のもっちり焼きカレーパン レシピ作成:雑穀エキスパート 室田 厚子 さん(東…
  2. 栗のミレットダコワーズ レシピ作成:雑穀アドバイザー やすま ゆかり さん(神奈川県) 使用…
  3. ぐじと蕪の雑穀蒸し レシピ作成:雑穀クリエイター 梶川 愛 さん(大阪府) 使用している雑穀…
ページ上部へ戻る