もち麦とアンディーブのタルタルサラダ

もち麦とアンディーブのタルタルサラダ

レシピ作成:雑穀クリエイター 梶川 愛 さん(大阪府)
使用している雑穀: もち麦

2014年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
大麦の中でも水溶性食物繊維のβ‐グルカンが多く、免疫力のアップ効果でも注目のもち麦は、日本人の大好きなもちもち食感です。
サラダにすると、どうしてもばらけてしまう大麦を、簡単でお洒落に無駄なく食べられるように考えました。ほろ苦いアンディーブは、糖質の吸収を抑えてくれる上に食べるお皿として大活躍です。魚介ねっとり食感・薬味のシャキシャキ感・もち麦のもちもち感、そして見た目にも食べても嬉しい、おもてなしにもピッタリのひと口サイズのサラダです。

—————————————————————————-
材料 (アンディーブの葉 12~13枚分)
アンディーブの葉(チコリ)12~13枚程度
A 【もち麦 大さじ1強(15g)、レモンの皮輪切り 1枚、オリーブオイル 小さじ1/4】
オリーブオイル 小さじ1/4程度
B 【スモークサーモン(厚みの有るもの) 30g、帆立(刺身) 50g、ヤングコーン水煮 15g】
白ワイン・塩 各少々
C 【マヨネーズ 大さじ1、プレーンヨーグルト 大さじ1、醤油 小さじ1/16程度、らっきょう甘酢漬け(みじん切り) 10g、ケイパー(酢漬け・みじん切り) 5g、塩・白胡椒 各少々】
ディル 適量

—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

  1. Aのもち麦はサッと洗い水気を切り、沸騰したたっぷりのお湯にレモン輪切り、オリーブオイルを加え10~15分ほど、少し固めにゆでる。水気をしっかり切って、温かいうちにオリーブオイルを絡ませておきそのまま冷ます。
  2. Bの帆立は、沸騰したお湯に白ワインを加え再度沸いたら火を止め、帆立をくぐらせ、回りが白くなったら直ぐに氷水に取り、水分を除いてから小さな角切りにする。スモークサーモンは帆立より少し小さめの角切りにする。ヤングコーンも角切りにする。
  3. Cの塩・胡椒以外を全て混ぜ合わせる。
  4. 3.に1.と2.を加え良く混ぜ合わせ、塩・胡椒で味を調える。なお、帆立は混ぜる直前に薄く塩を振る。
  5. アンディーブの葉は、一枚ずつ綺麗に洗い、氷水に入れてシャキッとさせて水切りし、4.をバランスよく盛り付ける。
  6. 5.を器に並べ、上にディルをあしらう。
  • 1.のオイルコーティングは、時間が経ってもフヤケさせない為です。
  • Cの薬味は、ある程度食感を残す程度のみじん切りが美味しいです。
  • 帆立は和える直前にうっすら塩を振ることで下味をつけ、水分が出て水っぽくなるのを防ぎます。
  • 最後に塩を振り、塩分の摂り過ぎを防ぎます。

関連記事

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. ひえと青大豆のオーブン焼き レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん(東京都) 使用し…
  2. ラムとつぶつぶ雑穀のケバブ レシピ作成:雑穀アドバイザー 安間 由香理 さん(神奈川県) 使…
  3. あわと桃の冷製スープ レシピ作成:雑穀クリエイター 浜辺 恵子 さん(長崎県) 使用している…
  4. ひえバター レシピ作成:雑穀アドバイザー ごうと さきこ さん(愛知県) 使用している雑穀:…
ページ上部へ戻る