麦とろっとスープ

レシピ作成:雑穀クリエイター 栂安 信子 さん(北海道)
使用している雑穀: 大麦(押麦)

2014年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
湿気と気温変化の激しいこの時期、とろみ、粘り、酸味で美味しく頂けるスープを作りました。昔から山のうなぎと言われ滋養強壮に優れている長芋、昆布の4倍も粘り気のあるメカブ、それらのとろみと押麦のつるりとした舌触りが良く合います。大麦は6月が収穫期、夏に積極的に取り入れたい穀物です。不溶性と水溶性、両方の食物繊維がバランス良くとれる大麦を、色んなシーンで楽しみ夏を乗り越えたいものです。今回は昆布と鰹出汁で和風にしましたが、コンソメで洋風、温、冷どちらも楽しめます。

—————————————————————————-
材料 (2人分)
押麦(はくばく) 10g、長芋 100g、トマト 小1個60g、メカブ(戻したもの) 10g
出汁 400ml、茗荷・青海苔 少々

—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

  1. 押麦は10分程浸水する。
  2. 長芋は皮をむき乱切りにしジッパー付き袋に入れ麺棒で叩く。
  3. トマトは食べやすく切る。
  4. 茗荷は小口切りにし水にさらす。
  5. メカブは水で戻し食べやすい大きさに切る。
  6. 鍋に出汁と長芋を入れ加熱する。
  7. 長芋が透き通るようになったら押麦を加え火を通しトマト、メカブを加える。
  8. 酒、味醂、醤油各大匙1/2、塩少々で味付けする。
  9. 器に盛り付け茗荷と青海苔を散らす。

関連記事

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. 発芽大麦とクルミの黒糖ロール レシピ作成:雑穀アドバイザー 森川 喜代美 さん(大阪府) 使…
  2. トマトファルシのサラダ仕立て、ひえのガーリックソースを添えて レシピ作成:雑穀アドバイザー や…
  3. 粒々のじゃこ天 レシピ作成:雑穀アドバイザー 川﨑 文代 さん(愛媛県) 使用している雑穀:…
ページ上部へ戻る