もみいずる秋の彩りご飯

もみいずる秋の彩りご飯

レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん(東京都)
使用している雑穀: ブレンド雑穀(健康で美人)、もちきび

2014年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
紅葉に雑穀を見立てた、華やかな彩りの健康と美にこだわった秋のおこわ。秋食材の様々な食感のハーモニーもお楽しみ頂けます。里芋のムチンはタンパク質と雑穀の消化を助けます。また、たっぷりのきのこもヘルシーですね。21種類もの色と栄養をバランスよくブレンドした雑穀を使いましたが、もちろん、他のブレンド雑穀でも美味しく仕上がります。もちきびを土鍋に広げるように加えると、蓋をあけた時に黄色の絨毯が広がりますよ。

—————————————————————————-
材料 (4人分)
里芋 2個(200g位)、しめじ 200g、バター 20g、しょうゆ 大さじ1
秋鮭 1尾、ししとう又は万願寺とうがらし 5本
米 1.5合、ブレンド雑穀(健康で美人/ベストアメニティ) 30g(2袋)
もちきび 1/4合
A【出汁 360ml、酒 大さじ2、しょうゆ 大さじ1】

—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

  1. 米は研いで15分浸水し、ざるにあげておく。もちきびはさっと水を通し、目の細かいザルにあげておく。
  2. しめじは3㎝の長さにに切りそろえる。
  3. 里芋は洗って皮をむいて1cmの角切りにする。
  4. 秋鮭は予め、焼いておき、ほぐしておく。
  5. 土鍋にバターを溶かし、きのこを炒め、醤油で下味をつけておく。
  6. 米と里芋を入れてさっと炒め、米とブレンド雑穀を加えて更に炒めあわせる。Aを加え、蓋をして強火にする。沸騰したら底からさっとかき混ぜ、きびを均等に加え弱火にし10分炊く。
  7. 鍋の縁に水分が残っていないことを確認し、火を消し、ほぐした鮭を上において蓋をして10分蒸らす。
  8. ししとうを添えてサービスする。(ししとうは小口切りにし、熱したフライパンで塩(分量外)を加えてさっと炒めておく)

関連記事

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. 食べるスープ ~アクアパッツァ~ レシピ作成:雑穀アドバイザー 川﨑 文代 さん(愛媛県) …
  2. 五穀と生麩のおしるこ レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん(東京都) 使用している…
  3. もち麦とりんごとじゃがいものポタージュ レシピ作成:雑穀クリエイター 浜辺 恵子 さん(長崎県…
ページ上部へ戻る