菊花とかますの黒米ご飯

菊花とかますの黒米ご飯

レシピ作成:雑穀クリエイター 梶川 愛 さん(大阪府)
使用している雑穀: 黒米

2014年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
“かます”はカルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富で、タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルなど栄養バランスに優れ、淡白な味が美味しい秋の旬魚です。特に見た目で美味しさを演出するのにピッタリの時期に、優雅で美しい菊花をあしらい、美しく美味しい混ぜご飯です。夏に溜まったものを解毒してくれる作用の菊花をあしらう事で、黒米とのコントラストも抜群で見た目でも秋を存分に味わいます。

—————————————————————————-
材料 (4人分)
米 2合、出汁 2合目盛り分、塩 小1/3強
A【 黒米 30g(大さじ2強)、酒 60ml】
かますの干物 1枚(100~150g)
B【食用菊(赤) 2個、食用菊(黄)7個、酢 小さじ1弱、水 500ml】

—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

  1. Aの黒米はサッと水を通すように洗い、水気を切ったら分量の酒に浸し出来れば8時間置く。(最低1時間)
  2. かますは魚焼きグリルで軽く焦げ目が付くように焼き、粗熱が取れたら骨を取り、一口大にカットしておく。
  3. Bの菊花は花の部分だけをむしり、分量の水を沸騰させ酢を加えた中でサッと茹でて冷水にとって水気を切っておく。(黄・赤の順でそれぞれ別に同じ鍋で茹でる)
  4. 米は洗い10分浸水させ、15分水切りし、炊飯器の内釜に入れ2合目盛りまで出汁を加える。更に①を酒ごと加え、塩を加えひと混ぜして普通に炊く。
  5. 炊けたら2.の切り身、3.の菊花の水気をしっかり切って加えて混ぜ、10分程蒸らす。
  6. 彩りよく器に盛り付ける。

※かますの塩分がそれぞれ違うので塩の量は調整してください。

関連記事

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. しこくびえと煮りんごのケーキ レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん(東京都) 使用…
  2. きずな レシピ作成:雑穀クリエイター ゆあさ よしこ さん(宮城県) 使用している雑穀: ひ…
  3. 釜揚げしらすとカリカリそばの実麦とろご飯 レシピ作成:雑穀アドバイザー やすま ゆかり さん(…
  4. つぶつぶ雑穀のケークサレ レシピ作成:雑穀クリエイター 栂安 信子 さん(北海道) 使用して…
ページ上部へ戻る