ひえとフルーツのとろ~りグラタン

ひえとフルーツのとろ~りグラタン

レシピ作成:雑穀クリエイター 梶川 愛 さん(大阪府)
使用している雑穀: ひえ

2014年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
寒~いこの季節によく食べるスイーツは、焼き菓子や餡ものなど少し重めのものが多くなりがちです。免疫低下を引き起こす寒さに負けないよう、デザートなどでも体力アップを心掛けたいところですね♪ フレッシュなイメージの強いフルーツですが、とろ~りとしたひえのクリームをたっぷりかけて熱々のグラタンに仕上げました。豆乳の優しい甘味とフルーツの柔らかくなった酸味、栄養バランスも良くお子様から大人まで大満足の冬のデザートです。勿論冷やしても美味しく召し上がっていただけます。

—————————————————————————-
材料 (180mlの容器 2個分)
A【ひえ 大さじ1と1/2、 無調整豆乳 200ml】
三温糖 大さじ2、米粉 小さじ1と1/2、塩 ひとつまみ
B【イチゴ 4個(70g)、パイナップル 2切(40g)、オレンジ 3房(30g)、キウイ(半分) 50~60g】
好みで キルシュなど 適量

—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

  1. Bのイチゴは洗って水気を切り縦に半割りする。他の果物も食べやすくひと口大にカットしておく。
  2. Aのひえはストレーナーなどでサッと水を通すように洗い水切りし、無調整豆乳と小鍋に入れ弱火にかける。沸騰させないような火加減で10~15分ひえが柔らかくなるまでゆっくりと煮る。
  3. 2.のひえが柔らかくなったら三温糖を加え溶かし、米粉を振り入れダマにならないようによく混ぜ、更に弱火で5分程度煮て軽くとろみをつけ最後に塩を加えて混ぜる。
  4. オーブンが可能な容器にカットしたフルーツを彩りよく並べ、粗熱を取った3.をたっぷり回しかける。250℃に予熱したオーブンに入れて15分程度、焼き色が付くまで焼く。温かいうちにいただく(トースター強で様子を見ながら焦げ目が付くまで焼いてもOKです)。
  • 工程3.でとろみをきつく付けすぎると粗熱を取った時に容器に入れにくい濃度になります。思っているより濃度の薄いものにしてください。
  • 仕上がりに大人はお好みでキルシュなどのお酒を少々振りかけると深みが出ます。
  • ひえは半もちひえ・もちひえ等でも同じように出来上がります。
  • フルーツはお好みで。
  • 温かいうちに食べるととろ~り食感で、冷やして食べるとプリンのような感じに仕上がります。

関連記事

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. あわのあずきシフォン レシピ作成:雑穀エキスパート 室田 厚子 さん(東京都) 使用している…
  2. ふわふわ豆腐の雑穀つくね レシピ作成:雑穀エキスパート 室田 厚子 さん(東京都) 使用して…
  3. 発芽大麦のトマトファルシ レシピ作成:雑穀アドバイザー 藤田 薫 さん(奈良県) 使用してい…
ページ上部へ戻る