五穀米の参鶏湯風粥

レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん(東京都)
使用している雑穀: はと麦・黒米・黒千石・もちきび・もちあわ

2014年雑穀レシピコンテスト 優秀賞

◇◇ 作成者コメント ◇◇
雑穀の栄養価と食感、色を考えブレンドした五穀ですが、市販のブレンドでも美味しく召し上がれます。我が家で人気の冬の定番雑穀粥です。芯から身体を温めます。冬の乾燥肌を改善するはと麦、風邪に負けない抗酸化作用も期待できる黒米・黒千石のアントシアニンなど、薬膳食材との相乗効果もバッチリです。仕上げに焦がし醤油を加えることで、香ばしいお焦げも加わり食欲を促します。薬味と干貝柱の香りの薄味仕上げです。岩塩で調節しながら召し上がってください。コラーゲンたっぷりの熱々のスープをたっぷりかけてどうぞ、召し上がれ。

—————————————————————————-
材料 (4人分)五穀米(もちきび1/4合・もちあわ1/4合・はと麦・黒千石各大さじ1.5 黒米大さじ1)
白米 1/4合、鶏手羽 8本

A【水 1600ml、葱の青い部分 1本分、生姜(薄切り)4枚】 紹興酒 50ml
B【乾燥ナツメ 8個、クコの実 16個、松の実 16個、手に入れば乾燥人参 適宜】
C【葱(みじん切り)大さじ1、生姜(みじん切り)大さじ2/3、干貝柱(砕く)1~2個】

醤油 小さじ2、塩 小さじ1、太白ごま油 大さじ1(なければ他の油でも良い)
白髪ネギ 適量

—————————————————————————-

◆◆ 作り方 ◆◆

【下準備】

  • はと麦、黒米、黒千石はさっと洗って1時間以上浸水させ、ざるにあげて水をきっておく。
  • [スープを作っておく]
    鍋にAと鶏手羽を入れて火にかける。沸騰したら紹興酒も加え、弱めの中火で灰汁を引きながら15分ほど煮る。Bも加えて更に20~25分火にかける。(目安として水分量が2/3量になるまで)
  1. 鍋に油とCを入れて火にかけ、炒める。香りがたってきたら五穀米と白米も加え、炒める。米類に油が馴染んだところでスープ200mlを加えて強火にする。
  2. 沸騰したところで、鍋底から一度かき混ぜ、蓋をして弱火で10~12分ほど炊く。
  3. 蓋を取り水分が残っていないことを確認したら、醤油を鍋肌からまわし入れ、火を消す。蓋をしてそのまま10分蒸らす。ご飯を蒸らしている間にスープを火にかけ、塩で味を調えておく。
  4. 器に3.のご飯をよそい、鶏と4.のスープを注いで白髪ネギをのせて頂く。

関連記事

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. 麦とろっとスープ レシピ作成:雑穀クリエイター 栂安 信子 さん(北海道) 使用している雑穀…
  2. 麦入り鮭バーグ、キビの甘酢あんかけ レシピ作成:雑穀クリエイター 栂安 信子 さん(北海道) …
  3. 雲丹の茶碗蒸し~とろりミレットあんかけ レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん(東京都…
ページ上部へ戻る