3月9日「雑穀の日」と「全国雑穀週間」の7日間を通じて、雑穀の魅力をお伝えしています。

今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、計画していた協会イベントが中止になりました。また、全国各地で予定されていた雑穀の日にまつわる企画も多くが中止、または大幅な縮小を余儀なくされています。

3月9日「雑穀の日」の時季は、ほとんどの地域で雑穀の播種前であり、また新しい生活が始まる時です。雑穀のおいしさやすばらしさを伝える記念日として、最適な季節であると考えています。また、昨年からは、雑穀の日を含む一週間を『全国雑穀週間』として、様々なキャンペーンや販促企画等に活用していただけるよう、取り組み始めています。

日本食、和食が世界から注目される昨今、日本人の食の原点ともいえる “雑穀” は、人々の健康や安全が脅かされているこの時代に、必要な食の中心として、その価値が求められています。

今年は、雑穀の力をインターネットによる正しい情報発信など、地道な活動で伝え続けていきます。来年の同じ季節は、安全と安心が取り戻されていることを願いながら。

PAGE TOP