日本雑穀アワード《テイクアウト食品部門》店舗表彰開始

日本雑穀協会は雑穀を使った優れた食品を表彰する制度、日本雑穀アワード2021《テイクアウト食品部門》店舗表彰の応募受付を本日、7月20日(火)より開始いたしました。

 

日本雑穀アワード2021《テイクアウト食品部門》店舗表彰について
近年、健康を意識した日々の食事への関心が高まり、改めて雑穀の栄養や機能性が見直され、原材料に使われることも多くなっています。しかしながら、おにぎり、弁当、ベーカリー、サラダ、惣菜、和洋菓子など、手軽に食べることのできる雑穀の特徴を生かしたおいしい食品は、まだまだ少なく、テイクアウト食品分野に雑穀の魅力を伝えていくために、常時雑穀を活用されている店舗を表彰する制度にリニューアルいたしました。

【募集案内ページ】
https://zakkokuaward.jp/takeout-shopstore

《応募期間》
年間を通じて、エントリー店舗を受付いたします。

《対象店舗》
雑穀を原材料にしたおにぎり、弁当、ベーカリー、サラダ、惣菜、和洋菓子などのテイクアウト食品を店舗内で製造して、常時複数販売している飲食店やテイクアウト販売店舗が対象になります。

《審査方法》
日本雑穀協会が認定する、雑穀アドバイザー以上の有資格者複数名が審査員として評価いたします。

《審査基準》
(1)味覚評価(2)雑穀の生かし方 (3)テイクアウト食品としての価値 (4)雑穀普及への貢献
※ 全20項目を5段階にて評価

PAGE TOP