日本雑穀アワード2018「業務用加工食品部門」7月18日(水)~31日(火)に応募を受付

2018-7-18

日本雑穀アワード2018における、業務用食材として流通する雑穀加工食品を対象とした部門「業務用加工食品部門」について、7月18日(水)~31日(火)の期間、エントリー商品の応募受付を行います。

 

公式サイト
http://zakkokuaward.jp/2018gyoumukakou/

─────────────────────────────────────
応募期間: 2018年 7月18日(水)~7月31日(火)
─────────────────────────────────────
審査期間: 2018年 8月 6日(月)~8月17日(金)
─────────────────────────────────────
結果発表: 2018年 8月21日(火)
─────────────────────────────────────
※ 金賞受賞商品が誕生した場合には、8月31日(金)に授賞式を実施

|対象商品
お米と一緒に炊飯する、ご飯に混ぜ込む、料理やサラダの具材やトッピングに使用する、製菓・製パンの原材料に利用する等、業務用食材として流通する雑穀加工食品を対象としています。

|審査方法
日本雑穀協会認定 雑穀アドバイザー、雑穀クリエイターによる5名以上の審査員により、対象商品を使用した料理や加工品等の試食を行い、審査基準に従って個別に評価を行います。

《審査基準》
(1) おいしさ (2) 雑穀の生かし方 (3) 業務用食品としての価値 (4) 雑穀普及への貢献
※ 4項目に関する全20細目を5段階にて評価

|表彰内容
審査は絶対評価により行われます。全審査員の評価合計点により、あらかじめ定められている基準点数から金賞、銀賞、銅賞を決定し、表彰いたします。

 

※当プレスリリースは、ドリームニュースにて提携先の関連メディアにweb配信しています。
https://www.dreamnews.jp/press/0000177729/

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. あわと桃の冷製スープ レシピ作成:雑穀クリエイター 浜辺 恵子 さん(長崎県) 使用している…
  2. 雑穀焼きおにぎりのいろいろキノコと牛肉のあんかけ レシピ作成:雑穀クリエイター  梶川 愛 さ…
  3. いかの発芽大麦詰め焼き レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん(東京都) 使用してい…
ページ上部へ戻る