日本雑穀アワードデイリー食品部門&テイクアウト食品部門〈2018・秋〉9月25日(火)まで商品エントリー受付中

2018-9-19

雑穀を使った優れた食品を表彰する制度「日本雑穀アワード デイリー食品部門&テイクアウト食品部門〈2018・秋〉」におけるエントリー商品を、9月12日(水)~9月25日(火)の期間受け付けています。

《デイリー食品部門の対象》
雑穀を原材料に使用している、パン、弁当、おにぎり、惣菜、サラダなど、袋や容器に入って販売されている、消費期限表示の食品

《テイクアウト食品部門の対象》
雑穀を原材料に使用している、サラダ、パン、おにぎり、弁当、総菜、和洋菓子など、店舗内で製造、または加工をして直接対面販売される食品

□ 日本雑穀アワード公式サイト
http://zakkokuaward.jp/

□ 日本雑穀アワードとは
雑穀を使った優れた食品の表彰を通じて、健全な雑穀の市場形成につなげるために2011年に創設された、一般社団法人日本雑穀協会が運営する制度です。消費者を代表する立場で、雑穀の幅広い知識やスキルを有する雑穀アドバイザー、雑穀クリエイターが評価基準に基づき、厳正、公正に審査を行い、ひとつの選択基準を示します。
一般食品部門、業務用加工食品部門、デイリー食品部門、テイクアウト食品部門の4つの部門からなり、雑穀の特徴を生かしておいしさを伝える極めて優れた食品として、これまでに累計109点の金賞受賞商品が誕生しています。

 

※ 当プレスリリースは、ドリームニュースにて提携先の関連メディアにweb配信しています。

https://www.dreamnews.jp/press/0000181272/

 

3月9日は、雑穀のすばらしさを伝え、再認識するための、年に一度の記念日です。日付は、3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせに由来していますが、新商品や新メニューが多く発売されるこの時季に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って制定いたしました。
また、国内の多くの雑穀産地では播種前であり、生産者や行政機関、企業関係者など、雑穀に関係する方々と雑穀の価値や魅力について情報交流するには、最適な季節であると考えています。

おすすめ雑穀レシピ

  1. 餅きび大福アイス レシピ作成:雑穀アドバイザー やすま ゆかり さん(神奈川県) 使用してい…
  2. ふわふわ豆腐の雑穀つくね レシピ作成:雑穀エキスパート 室田 厚子 さん(東京都) 使用して…
  3. いかの発芽大麦詰め焼き レシピ作成:雑穀クリエイター 田中 雅子 さん(東京都) 使用してい…
ページ上部へ戻る