会長挨拶

日頃は、日本雑穀協会の活動にご理解、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

日本人は、縄文時代より米よりも早く、粟や稗などを食してきました。その後、米が換金作物として扱われるようになってからは、庶民の大切な主食として、雑穀は我々日本人の生活に深く根付いてきました。しかし、近代の食環境の変化や米主体の農業政策などにより、雑穀は生産量、消費量共に急激に減少し、食料自給率も大きく低下しました。
一方で、生活習慣病の増加などにより、食や健康への関心が高まるにつれて、高い栄養価や機能性に富む雑穀への注目も少しずつ変化してきております。そのような中で、我々は雑穀を一過性のブームのようなものにするのではなく、雑穀の生産、加工、流通に関係する企業や研究者などが一体となって、事業活動を通じて、雑穀の生産と消費の両面から普及に取り組むことを目的に、日本雑穀協会を設立いたしました。

また、ひとたび世界を見ると、西アフリカのサバンナ地帯では、その過酷な気候状態から、米やトウモロコシなどは栽培できず、干ばつに強いトウジンビエやモロコシ(ソルガム、たかきび)などを栽培し主食にしています。また、東アフリカやインド、ネパールでは、シコクビエの醸造酒が日常的に飲まれていて、彼らの食文化に多大な影響を与えています。アメリカでは、中南米原産のキノアやエチオピア原産のテフが健康食品として脚光を浴びています。

そのような現実を踏まえた上で、我々は日本国内だけでなく、広く海外も見つめて雑穀の普及に取り組んでいき、日本人の食文化の向上や日本農業の発展に貢献してまいります。
引き続き、ご支援、ご助言のほど、よろしくお願い申し上げます。

2016年10月
一般社団法人日本雑穀協会
会長 倉内 伸幸

 

PAGE TOP