資格制度とは

 設立の背景

雑穀が注目されていくある中で、雑穀の基本から活用方法まで、体系的に学ぶ場がありませんでした。また、専門的な教育は一企業の中だけでは限界があり、業界全体として、知識や活用するスキルを習得することのできる仕組みが求められてきました。
そのような中で、雑穀に関する正しい知識のもと、生産や利用の可能性を広げ、雑穀の将来を担う人材を育成する目的で、2005年12月に資格制度が立ち上がりました。

 目的は、雑穀の人材育成

日本雑穀協会の資格制度は、雑穀に関する知識を競う検定試験ではありません。雑穀の普及につながる人材を育成することを目的にしています。

各地域で、広く雑穀のすばらしさを伝えていくことのできる人材を育てる。
雑穀の特徴を生かした商品開発や、メニュー開発等、食の分野で活躍できる人材を育てる。
雑穀のおいしい食べ方や調理方法を伝えることのできる人材を育てる。
農業・流通・教育などの各専門分野で活躍できる人材を育てる。

 受講の対象

☑ 雑穀の生産や加工、開発、流通、販売等に携わっている企業関係者
☑ 食や健康に留意し、社員教育に力を注いでいる、雑穀に携わる企業や店舗の経営者
☑ 雑穀を上手に活用したいと考える料理講師、調理師、管理栄養士等の食の専門家
☑ 雑穀の正しい知識やスキルをもって、地域活動や社会貢献に生かすことを考えている方
☑ 日々の食生活の改善、自分や家族の健康に雑穀を上手に活用したい方

 資格講座の種類

資格制度は、受講者の対象や学びの内容により、雑穀エキスパート講座、雑穀アドバイザー講座、雑穀クリエイター講座の3ステップからなっており、目的に応じて継続して受講することができます。

それぞれの講座内容については、該当ページをご確認ください。

雑穀エキスパート講座  雑穀アドバイザー講座  雑穀クリエイター講座 

PAGE TOP