雑穀アドバイザー講座


《認定基準》

雑穀の基本や現状を良く理解したうえで、雑穀を食材として活用出来る調理知識や技術を持ち、それぞれの活動の中で広めていく提案力を持って、日本雑穀協会と共に雑穀の普及啓発活動を行っていく意思のあること。

対象とする受講者

専門的で幅広い知識やスキルを身につけ、雑穀についてアドバイスできる立場で、雑穀に関する仕事や普及啓発活動に生かしたい方。

<受講条件>

1.雑穀エキスパート認定者であること
2.開講日に満18歳以上であること

カリキュラム

雑穀の価値と可能性を理解する
・雑穀を取り巻く現状
・雑穀の遺伝資源
・雑穀と健康、美容

雑穀を活用する知識とスキルを修得する
・注目されている雑穀を中心にした講義と実習

雑穀利用の拡大に向けて応用する
・雑穀の加工技術
・雑穀の製菓・製パン利用の実際

※ カリキュラムの詳細な内容は、受講者募集時にご案内いたします。

担当講師

日本雑穀協会役員、雑穀研究者、実務経験豊富な雑穀企業関係者、雑穀に関する料理研究家等

受講費用

受講お申込み時 156,600円
【内訳】 受講料、教材費、試験料、消費税

認定試験合格後 32,400円
【内訳】 認定料、消費税

※ 受講時には、個人会員の入会が必須となります。

講座受講の流れ

受講お申込み → 教材・受験票送付(開講日の約2週間前) → 1次講座(2日間) →(復習期間)
→ 
2次講座(2日間)→(復習期間)→ 認定試験(筆記試験、記述試験)→ 合否通知(約1ヶ月後)

※ 認定試験において合格基準に達しなかった場合には、再試験制度があります。(別途再試験料が必要になります)

取得後の活動等

・雑穀を取り扱う企業において、雑穀のプロとしての知識の拡充で仕事の幅を広げる
・雑穀に関する豊富な知識を生かして、料理教室やセミナー等で講師をつとめる
・豊富な知識やスキルを活用して、雑穀の商品企画や商品開発に生かす
・健全な雑穀市場の形成に向けて食品を評価する、日本雑穀アワード審査員をつとめる

次回開講予定

【第8回 雑穀アドバイザー講座】
詳細な内容が決まり次第、募集案内を掲載いたします。

PAGE TOP