資格講座 よくあるご質問

資格講座に関するよくあるご質問についてまとめています。他にご質問がある場合には、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。

雑穀エキスパート講座

受講をお考えの方

Q お申込み方法を教えてください。
A インターネット、もしくは所定の申込用紙を利用してFAXまたは郵送にてお申込みください。お電話では受付けておりません。
Q 受験資格はありますか。
A 雑穀に関心のある方であれば、年齢、職業等に関係なく、どなたでも受けていただくことができます。
Q 資格は国家資格ですか。
A 一般社団法人日本雑穀協会が認定する民間資格です。雑穀に関する事業活動を行う企業の商品開発や企画、営業担当者をはじめ、料理講師、管理栄養士の方など様々な職業の方に受講いただいております。
Q 講座はどの位の頻度で開催されますか。
A 概ね年2~3回、東京を中心に開催しています。また、今後は動画配信による受講システムも準備中です。
Q 会社宛の請求書、領収書を発行していただけますか。
A 発行いたします。ご希望の場合は、お申し込み時の備考欄にその旨記載してください。または、事務局まで直接メール等でご連絡ください。
Q 講座2日間のうち、1日受講することができません。
A 認定試験を受けるには、2日間の全講義を受講する必要があります。2日間共、受講可能な開催回にお申込みください。

お申し込み後

Q 受講をキャンセルすることは可能でしょうか。
A 正式受付後は、お申込者様のご都合によるキャンセルの場合、理由の如何を問わず返金はいたしかねますのでご了承ください。
Q 受講できなかった場合、次回以降の講座で受講することはできますか。
A 講座開催日の14日前までのご連絡であれば、無料にて次回以降の講座受講に振替えることができます。14日前を過ぎてからのご連絡や当日欠席された場合は、次回受講のお申込み時に振替受講料として、15,000円(税別)が必要になります。なお、振替は当初のお申込み講座から2年以内に開催される講座に限ります。
Q 受講者を変更することは可能でしょうか。
A 講座開催日の14日前までのご連絡であれば、受講者の変更は無料で対応可能です。14日前を過ぎてからのご連絡については、事務手数料として3,000円(税別)が必要になります。なお、お申込み講座開催後は、受講者を変更することはできません。

試験について

Q 試験の出題範囲を教えてください。
A 配布する教材、および講習内容からの出題になります。
Q 合格基準、合格率を教えてください。
A 認定試験については、70%以上の正解率で合格となります。合格率は毎回変動しますが、概ね75~85%となっています。
Q 再試験制度について教えてください。
A 本試験において不合格となられた方は、再試験を受けることができます。ただし、再試験料として 7,000円(税別)がかかります。また、再試験制度の適用は、講座受講後2年間となります。
Q 受講後、試験を受けることができなかった場合について教えてください。
A 次回以降開催の講座試験日に受験することができます。なお、振替試験料として 3,000円(税別)がかかります。振替試験可能期間は、受講から2年以内になります。
Q 再試験の前に、再度講座を受講したいのですが。
A 講座を再度受講される場合には、再受講制度が適用され、通常の受講料の半額で受講することができます。また、再受講された場合には、再受講日から2年間、試験を受けることが可能になります。

資格名称の使用等

Q 履歴書や名刺に資格名を記載することはできますか。
A 記載することができます。
Q 名刺やホームページに協会ロゴを使用することはできますか。
A 協会ロゴを使用することはできません。協会ロゴを使用した名刺については、有資格者オフィシャル名刺をご利用ください。こちらの公式通信販売 zakkoku webshop からお求めいただけます。
Q 自身が開発、またはプロデュースした商品に「雑穀エキスパート○○監修」等の記載をすることはできますか。
A 商品パッケージに資格名称を記載する場合は、別途申請と審査が必要になります。詳しくは、こちらの有資格者が関わる商品ページをご覧ください。なお、商品を紹介するサイトやパンフレットへの掲載については、申請の必要なく使用することができます。

資格更新について

Q 資格更新制について教えてください。
A 雑穀に関する継続した知識や情報の提供を目的として、2012年9月開催、第31回講座から適用された制度です。第30回講座以前に受講された方には適用されませんが、有資格者として継続した理解を深めるため、個人会員への入会をご案内しています。
Q 資格更新までの有効期間を教えてください。
A 2年間になります。なお、有効期限は日本雑穀協会の事業年度に合わせて設定されますので、初回の有効期間は、2年間より長くなる場合があります。
Q 資格更新の方法を教えてください。
A 有効期限が近づきましたら、資格更新についてのご案内をお送りいたしますので、更新申請書のご提出と、更新手数料3,000円(税別)をお振込みください。手続き完了後に、新しい認定者カードをお届けいたします。なお、個人会員は任意継続となります。
Q 資格更新をしない場合はどうなりますか。
A 雑穀エキスパート資格は失効し、肩書やプロフィール等で資格名称を使用することができなくなります。
Q 資格失効後に、資格を復活することは可能ですか。
A 資格失効後3か月以内であれば更新手続きを行うことができます。また、ご入院や長期海外出張など、やむを得ず資格を更新することができなかった場合は、資格失効後1年以内に限り、所定の書類を提出することで更新が可能になります。なお、資格失効後1年を超えた場合には、理由の如何を問わず更新することはできません。改めて再受講、再試験を受けていただく必要があります。

 

雑穀アドバイザー講座

受講をお考えの方

Q どのくらいの頻度で講座は開催されていますか。
A 概ね1~2年に一度の講座開催になります。
Q 合格基準、合格率を教えてください。
A 認定試験は、筆記試験と記述試験があります。その両試験について、それぞれ75%以上の得点が必要になります。過去7回の講座開催における合格率は、概ね40~60%で推移しており、高度な知識とスキルが必要な資格となっています。
Q 更新に必要な活動ポイント制度について詳しく知りたい。
A 雑穀アドバイザー認定者として、高い知識とスキルをもって継続して活動するために導入した制度です。2年間の有効期限内にセミナーや研修会の受講や、協会の事業活動への参加等により、必要な活動ポイントの取得が可能となっています。なお、地方にお住まいの方も取得しやすいように、様々なフォロー体制を準備しています。

雑穀クリエイター講座

受講をお考えの方

Q どのくらいの頻度で講座は開催されていますか。
A 数年に一度の開催を予定しており、これまでに〈調理・栄養分野〉を実施しています。
Q 募集分野について教えてください。
A 雑穀に関する料理、栄養学等を専門的に学ぶ〈調理・栄養分野〉のほか、地域振興に関する分野、商品企画開発に関する分野等について準備していく予定です。

▲ ページトップへ戻る

PAGE TOP