【終了】有資格者フォローアップ講習《特別企画》 開催日:2018年11月10日(土) のご案内

講習会は終了いたしましたが、資料の送付、また、ダイジェストZoom配信/11月15日(木)11:00~ を受け付けています。ご希望の方は、こちらの有資格者フォローアップ講習共通お申込みフォームからお申込みください。

 

《テーマ》グルテンフリー食材としての雑穀製パン性研究

【日時】2018年11月10日(土)14:00~16:30
【会場】製粉会館 5階会議室 東京都中央区日本橋兜町15-6  

【費用】2,160円(個人・法人会員)、3,240円(非会員)
【対象】日本雑穀協会認定 有資格者限定
【人数】16名


《内容》

ハトムギの国内生産と市場動向、最近の話題
        中西 学 (日本雑穀協会事務局長)

・雑穀で調製したグルテンフリーパンの製パン性について ~アマランサス、キヌア、ホワイトソルガム、ハトムギ~
        藤井 恵子(日本女子大学家政学部食物学科 准教授)

・参加者交流、雑穀を使ったグルテンフリーパンの試食等

◇◇ 藤井 恵子 先生 プロフィール ◇◇

日本女子大学家政学部食物学科 調理科学研究室准教授。博士(農学)、管理栄養士。
高齢社会・資源循環型社会・健康志向型社会への対応を目指し、真空調理、アレルギー対応食品、雑穀の利用法に関する研究開発を行っている。

《主な研究テーマ》
・真空調理法を用いた高齢者用食品の開発
・雑穀の利用法に関する研究
・穀粉を利用したアレルギー対応食品の開発

《最近の雑穀に関する発表論文》
・アマランサス粉を用いたグルテンフリー食品の調理特性  第63回日本栄養改善学会学術総会(2016)ポスター発表
・ハトムギ粉を主原料としたグルテンフリーパンの調理特性  食生活研究会誌(2017), Vol.37,No.2 
・雑穀で調製したグルテンフリーパンの製パン性  日本調理科学会誌(2018),Vol.51,No.2

ページ上部へ戻る