〚第10話〛ラーメンの祖先キビとアワ

『雑穀物語NEXT』
この物語は、古来から日本人の生活と密接に関わってきた、食の文化財ともいえる雑穀の価値と魅力について、正しく、わかりやすく広めるために生まれた、雑穀の真実に挑戦する信実のヒューマンドラマです。雑穀エキスパート資格を持つ、雑穀が大好きなミレイとその友人グレオを中心に、様々なテーマで展開していきます。


ミレイ
「グレオくん、好きな食べものってなに?」

グレオ
「うん、ラーメン、その中でも札幌みそラーメンだね。今までいろいろなラーメン食べてきたけど、やっぱり、ちぢれ麺の札幌みそラーメンが一番好きなんだ。ラーメンの麺って、地域によっていろいろと特徴あるけど、もとは中国から来たものだよね。原料は確か、コムギ粉だよね。」

ミレイ
「今はそうなんだけど、興味深いことに、推定4千年前の中国の古代遺跡から、雑穀で作った麺が見つかったのよ!」

グレオ
「え~、雑穀の麺!」

ミレイ
「そうよ、中国の内陸の方なんだけど、青海省海東市に位置する回族と土族の自治県で、中国科学院地質地球物理研究所によって発掘されたことが2005年に科学雑誌のNatureに掲載されたの。」

グレオ
「えっと、4千年前というと、日本では縄文時代だね。」

ミレイ
「そう、世界の歴史で見ると新石器時代のことね。それまで麺の発祥は、およそ1500年前と考えられていたので、世界最古の麺という大発見だったの。その麺は、椀として使われていた陶器の底にくっ付いていたんだけど、今のラーメンと形態がそっくりなのよ。」

グレオ
「ほー。」

ミレイ
「それで、その素材を分析した結果、今の麺の主な原料になっているコムギではなく、アワとキビであることがわかったのよ!」

グレオ
「うわー、ラーメンの始まりは雑穀なんだねー。」

ミレイ
「もしかしたら、そうかもね。でも、現在の日本では、生麺の公正規約というのがあって、コムギ粉にアルカリ塩水溶液の “かん水” を加えて、練り合わせて作った麺のことだけを “ラーメン” と表現して良いことになっているの。」

グレオ
「へ~、そーなんだ。」

ミレイ
「そう、だから、キビやアワを使った麺は、正確には、ラーメンの始まりではなく、うどんやそば、パスタを含めた麺料理すべての始まりといえるのよ。」

グレオ
「ということは、札幌みそラーメンを食べると、雑穀麺の進化系のラーメンを食べたっていえるね(笑)。」

ミレイ
「そうね、そうかもね。今度、原点回帰でキビとアワの麺で作ってあげるわね。」

グレオ
「お願いします、みそ味で!」

《解説》
井上直人博士(信州大学名誉教授)の書籍「そば学」では、麺に込められた古代のメッセージとして、雑穀麺のことが記されています。麺という形状は”作物の根”や”食料の源”、アワとキビの黄色は”土壌の色”や”大地に対する畏敬の気持ち”を表しており、また、麺が渦巻いているのは”黄河の水流”で表現し、”水に対する畏怖と畏敬の念”を込めているのではないのか。そしてこれら麺の色や形は”作物と土と水”を模しており、農耕儀礼にも使われてきた、生命のエネルギーを表すものと推測されています。その原点が雑穀であることは、とても感慨深いものがあります。

参考書籍
井上直人,そば学 sobalogy -食品科学から民俗学まで,柴田書店,2019.

登場人物紹介
  グレオ
神奈川県出身、文学部の大学2年生。趣味は映画観賞。料理はできないが、食べることは大好きな、スマホが離せない少し優柔不断な次男坊。

  ミレイ
料理と読書、そして雑穀が大好きな、東北の中山間地出身の女子大家政学部の3年生。雑穀エキスパート認定者。責任感が強く、負けず嫌い。

 

関連記事

PAGE TOP