〚第18話〛北の大地で作る雑穀への期待

『雑穀物語NEXT』
この物語は、古来から日本人の生活と密接に関わってきた、食の文化財ともいえる雑穀の価値と魅力について、正しくわかりやすく広めるために生まれた、雑穀の真実に挑戦する信実のヒューマンドラマです。雑穀エキスパート資格を持つ、雑穀が大好きなミレイとその友人グレオを中心に、様々なテーマで展開していきます。


グレオ
「3月になって暖かくなったので、春休みにまた北海道に行きたいなあ。。」

ミレイ
「あれ、グレオくん、北海道に行ったことあるの?」

グレオ
「実は、北海道に高校時代の友だちがいて、毎年、遊びに行ってるよ。江別ってところにある大学に行ってるんだ。」

ミレイ
「江別の大学っていうと、ホームページで最初にお牛さんが登場している大学ね。いいわねー、楽しんできてね。お土産もよろしくね!」


グレオ
「よく知ってるね、OK! 料理好きなミレイちゃんへのお土産は、ジャガイモでいい(笑)?」

ミレイ
「えー、やっぱりチョコレート系がいいわ。北海道産のジャガイモは近所のお店でいっぱい売っているから。」

グレオ
そうだよね、了解、了解。ところで、ジャガイモの生産は北海道が一番だけど、雑穀も北海道が日本で一番なの? 」

ミレイ
「北海道のソバやマメ類は日本一の大産地だけど、キビ、アワ、ヒエのいわゆるミレットでいうと、統計上は岩手県が日本一の産地なの。」

グレオ
「統計上?」

ミレイ
「そう、発表されている統計ではね。日本全国の雑穀の栽培面積や生産量は、公益財団法人日本特産農作物種苗協会(特産種苗)さんが毎年調査しているのよ。昨年末に、令和元年度の栽培、生産面積の調査結果が掲載されて、岩手県が日本一だったわ。でも、もしかしたら、北海道が1番かも知れない。。」

グレオ
「もしかしてってどういう意味?」

ミレイ
「キビ、アワ、ヒエなどの雑穀について、特産種苗さんの集計には北海道だけが入っていないのよ。」

グレオ
「えー、なんで北海道だけ入ってないの? せっかくの調査なんだから、日本すべての都道府県のデータがあればいいのに。」

ミレイ
「そうなんだけど、北海道って、いろいろな作物が日本一でしょ。ジャガイモもそうだけど、コムギも日本全体の生産量の半分以上を占めてるの。北海道庁のホームページを見ると、北海道で雑穀というとソバのことが中心みたいで、キビ、アワ、ヒエなどは、残念ながら本当にマイナー作物の扱いなので、雑穀としても公表されていないのよ。」

グレオ
「ふーん、そういうことなのか。でも、広大な雑穀畑の中、でっかいトラクターやコンバインが動いて収穫してそうだけどね。」

ミレイ
「でも公表していないだけで、全く調べてないってことではないのよ。関係機関等で聞き取り調査した結果では、岩手県より多い年もあるみたいなの。」

グレオ
「なるほど、でも日本一の可能性があるのなら、公表すればいいのにね。何か理由があるの?」

ミレイ
「う~ん、それはね、北海道って、ひとりの農家さんが持っている畑の面積がとても広いの。もちろん、大型の農業機械を使っているし、ちょっとしたテスト栽培でも、5ヘクタールくらいになっちゃうらしいのよ。去年、キノアのテスト栽培をされていた畑の写真も見せてもらったけど、テストで作って5.5ヘクタールだって。はるか向こうの方まで、見えないくらいずっとキノアの穂が写っていたわ。」

グレオ
「東京ドームが4.7ヘクタールだから、まるまる東京ドーム全部を使って、テスト栽培するような感じだね。」

ミレイ
「そう、事業としての本格栽培だと、最低でも10ヘクタールから数10ヘクタールくらい作らないと、輪作体系で農地が回っていかないって、農家さんが言われていたわ。全体の雑穀栽培面積が小さい分、数軒の農家さんによる、テスト栽培と本格栽培の割合で全体への影響も大きく、また毎年異なるので、なかなか正確なデータとして発表しづらいんじゃないかなって思うの。」

グレオ
「本格栽培で東京ドーム何個分だろう!?、やっぱりスゴイね、でっかいどうだね。」

ミレイ
「また、北海道の場合は、各企業さんとの直接契約栽培が多く、表に出てこない産地もあって、全体を合わせると岩手県を超える面積、生産量になっていると推定されてるのよ。」


グレオ
「なるほど。北海道は、数字として見えないけれど、雑穀の栽培は広がっているということだね。」

ミレイ
「そうなんだけど、全体の動向が見えないので、課題もいろいろあるようなの。雑穀先進地の岩手県のように、種子の供給や管理体制が求められているし、規模が大きい分、需給バランスと生産の調整など、日本全体を見た健全な雑穀発展に向けて、今後、北海道はとても重要な位置づけになりそうなのよ。だから、生産状況の現状把握はやっぱり必要なの。」

グレオ
「そーなのか。」

ミレイ
「そう、面積と共に、期待も大きいわ。」

《解説》
国産雑穀の需要拡大とともに、北海道の雑穀生産者や企業、行政関係者等から、雑穀の生産や流通、市場動向に関する問い合わせも増えています。また、キノアなどは、広大な面積で安定して生産が可能なため、長期的な企業との取り組みも始まっています。北海道の生産、流通動向は、雑穀市場全体に大きな影響を持っているので、これからますます注目されていきそうです。

参考資料
公益財団法人日本特産農作物種苗協会『特産種苗』
北海道農政部『麦類・豆類・雑穀便覧』

登場人物紹介
  グレオ
神奈川県出身、文学部の大学2年生。趣味は映画観賞と食べること。スマホが離せない少し優柔不断な次男坊。ミレイはカフェのバイト仲間。

  ミレイ
料理と読書、そして雑穀が大好きな、東北の中山間地出身の女子大家政学部の3年生。雑穀エキスパート認定者。責任感が強く、負けず嫌い。

 

PAGE TOP