〚第2話〛アマランサスをポップする

『雑穀物語NEXT』
この物語は、古来から日本人の生活と密接に関わってきた、食の文化財ともいえる雑穀の価値と魅力について、正しくわかりやすく広めるために生まれた、雑穀の真実に挑戦する信実のヒューマンドラマです。雑穀エキスパート資格を持つ、雑穀が大好きなミレイとその友人グレオを中心に、様々なテーマで展開していきます。


グレオ
「年末年始の映画が出そろってきたね。」

ミレイ
「グレオくん、映画見るの趣味だよね。」

グレオ
「そう、そう、塩味のポップコーン食べながら見るのが楽しみだね。」

ミレイ
「ポップコーンといえば、「十勝ポップコーン」ね。北海道の十勝地方にある、本別町の前田農産さんの大人気商品で、北海道知事賞や農林水産省食料産業局長賞も受賞されているそうよ。とかち観光大使をつとめている、雑穀クリエイターの栂安信子先生からご紹介いただいたの。」


グレオ
「へ~、楽しそう。レンジでチンするだけで、アツアツの北海道ポップコーンができるのか。」

ミレイ
「ところで、グレオくん、ポップコーンはとうもろこしが原料だけど、ポップコーンにできるとうもろこしと、できないとうもろこしがあるの知ってる?」


グレオ
「えっそうなの!? とうもろこしは何でも、フライパンで炒めたらポップコーンになるんじゃないの。」

ミレイ
「よく夏のお祭りで見かける、焼きとうもろこしを炒めてもポップコーンはできないのよ。ポップコーンにできるとうもろこしは、爆裂種といって、ポップできる種類があるのよ。」

グレオ
「バ・ク・レ・ツ、何かすごい響きだね。でも同じとうもろこしで何で違うの?」

ミレイ
「それはね、特別な器具や圧力鍋などを使わない、常圧状態でポップするには条件があるのよ。それは、十分に水分を含んだデンプン層が、硬いタンパク質できた殻で完全におおわれていることなの。熱を加えることで、水分が膨張して、一気に殻を突き破って爆裂するのよ。」

グレオ
「なるほど、おもしろいね。それって、とうもろこし以外でできないの?」

ミレイ
「実は、一般的に売られている穀物の中で、ポップする雑穀がひとつだけあるのよ。」

グレオ
「えっ何かな?」

ミレイ
「それはね、アマランサスなの。知ってるアマランサス?」

グレオ
「何か、食虫植物みたいな名前だね。」

ミレイ
「ものすごく小さな粒で、南米原産の雑穀なの。カルシウムや鉄分が豊富で、栄養価が高く、驚異の穀物って紹介されることも多いのよ。ほら、花壇にある、かわいいお花のケイトウってあるでしょ、大きさは全然違うけど、同じヒユ科で似ている雑穀でもあるの。」

グレオ
「アマランサスって、何かよくわからないけどすごい。」

ミレイ
「この間、テレビで見ていたら、いろんな雑穀をフライパンを使って実際にポップする実験をしていて、そのほとんどがただ焦げていく中で、アマランサスだけは、どんどんパチパチして、白く爆裂したポップだらけになっていたのよ。見ていて面白かった。」

グレオ
「うん、何か面白いね。ところで、ミレイちゃん、ひとつ聞いていい?」

ミレイ
「いいよ、なあに?」

グレオ
「ポップすると、何だかその優れた、驚異の穀物の栄養価も一緒に爆発して、弾き飛ばされたりしないの?」

ミレイ
「いいところに気がついたね!私も最初はギモンがあったの。それで、いろいろ調べてみたんだ。そしたらね、アマランサスの論文をたくさん書かれている、小西洋太郎博士の論文を見つけたのよ。」

グレオ
「へ~、アマランサスの先生。」

ミレイ
「そう、博士の論文によるとポップする前と後のデータを比較した結果、ほとんど栄養価が変わらないことがわかっているのよ。」

グレオ
「僕も小西博士の論文、スマホで調べてみようっと。ピコピコ。すごい、アマランサスをポップさせる熱処理特許装置まで作っているんだね。」

ミレイ
「そうよ。ポップすることで食感や風味が良くなって、体内で栄養素の消化性を高めたり、加工性が向上して食材としての応用が期待されているのよ。」

グレオ
「なーるほど。アマランサスってとうもろこしにとっても驚異の穀物だね。もしかしたら、これから映画館では、ポップコーンでなく、ポップアマランサスが売られるかもね。」

ミレイ
「でもね、小さくてとっても軽いの、ポップアマランサスって。だから、グレオくんのくしゃみひとつで、映画館の中に全部吹き飛んでしまうかもよ(笑)。」

グレオ
「ははは、そりゃだめだね。やっぱり、映画館では、ポップコーンだね。」

《解説》
アマランサスが持つとても高い栄養価が注目されています。それは、キビやアワなど、他の雑穀と違って、精白されることなく、玄穀の状態で利用されることにあります。しかしながら、ポップできることからもわかるように、とても硬い殻で覆われていて、そのままでは完全に消化吸収されにくい構造になっています。そのため、長時間加熱したり、粉にしたりすることが必要です。ポップアマランサスは、フライパンとフタがあれば家庭でも簡単に作れます。ポップすることによって栄養価が損なわれることもありません。ふだんの料理やスイーツに手軽に使っていただきたいです。

参考論文
小西洋太郎 (2015)「アマランサスの食品栄養学的研究から見えてくるもの」,『生活科学研究誌』Vol.14 特別寄稿
p.1-11, 大阪市立大学大学院生活科学部・生活科学研究科.

紹介商品
前田農産食品『十勝ポップコーン ~黄金のとうもろこし畑から~』

情報協力
雑穀クリエイター 栂安 信子さん

登場人物紹介
  グレオ
神奈川県出身、文学部の大学2年生。趣味は映画観賞と食べること。スマホが離せない少し優柔不断な次男坊。ミレイはカフェのバイト仲間。

  ミレイ
料理と読書、そして雑穀が大好きな、東北の中山間地出身の女子大家政学部の3年生。雑穀エキスパート認定者。責任感が強く、負けず嫌い。

 

PAGE TOP