雑穀物語NEXT〚第27話〛 麦秋の季節がやってきた

この物語は、古来から日本人の生活と密接に関わってきた、食の文化財ともいえる雑穀の価値と魅力について、正しくわかりやすく広めるために生まれた、雑穀の真実に挑戦する信実のヒューマンドラマです。雑穀エキスパート資格を持つ、雑穀が大好きなミレイとその友人グレオを中心に、様々なテーマで展開していきます。


ミレイ
「グレオくん、何読んでるの?」

グレオ
「これね、ライ麦畑でつかまえてって本。僕が生まれるずっと前に書かれた、全世界のベストセラー本なんだけど、ざ・青春って感じで、読みたくなったのさ。」

ミレイ
「 麦畑でつかまえてー って表現、なんかロマンチックでいいわね。」

グレオ
「そうなんだけど、実は、原題は『The Catcher in the Rye』で、直訳すると “ライ麦畑で捕まえる人” になるんだ。最初に翻訳された方が『ライ麦畑でつかまえて』って題名つけたみたいだよ。」

ミレイ
「う~ん、”つかまえて” と “捕まえる人” 、なんか微妙な差だね。」

グレオ
「それで、後に村上春樹さんが翻訳したときには、題名にこだわりがあって、そのまま『キャッチャー・イン・ザ・ライ』ってしたんだって。」

ミレイ
「そーなんだ。さすが文学部の学生さんね。」

グレオ
「まあ、将来は小説家になりたいから、題名にもこだわるよね。ところで、麦のことなんだけど、麦秋って知ってる?」


ミレイ
「うん、今の季節のことで夏の季語ね。麦って、多くは秋に種を蒔いて、越冬して、春にぐんぐん育って、初夏に収穫時期を迎えるの。収穫の季節のイメージって普通は秋でしょ、だから、麦の収穫の季節は “麦秋” なのね。収穫間近の黄金色に輝く麦畑を見ると、初夏だけど、幸せな実りの秋を迎えたって思うわ。」

グレオ
「そーなんだね、中学校の国語で季語選ぶのに、引っかけ問題だった気がする。」

ミレイ
「でも、麦秋で見に行きたい麦っていうと、私はやっぱり大麦よね。今年は行けるかなぁ、岡山のもち麦畑。雑穀クリエイターの先生方と一緒に行けて楽しかったなー。」



グレオ

「ホント、麦の穂と一緒にうれしそうだね!」

ミレイ
「行きたくなってきたー! 今度、大麦畑でつかまえてって、映画かドラマできないかな。」

グレオ
「実はあるんだよ。 “大麦畑でつかまえて” ってドラマ。北海道の放送局かな。大泉洋さん主演だったよ。」

ミレイ
「すごーい!本当にあるんだ
。北海道の農園が似合う俳優さんといえば、やっぱり大泉洋さんよね。」

グレオ
「そうだね。よし、僕は今度、ミレイちゃんともち麦を題材にして、小説書こうかな。題名は、そう “もち麦畑でつかまえる” にしよう。なんか、イマイチ。う~ん、え~と、“もち麦どうでしょう” もいいし、でも、やっぱり題名は “ミレイ・イン・ザ・もちバーレイ!” にする。」

《解説》
5月から6月の初夏は、全国各地から実りの季節を迎えた、麦秋の便りがたくさん寄せられます。黄金色に輝く大麦畑も良いですが、もち麦 “ダイシモチ” が色づく、一面紫色の畑もすばらしい景観ですね。麦の実りを迎える初夏は、毎年楽しみな季節です。

紹介書籍
J.D.サリンジャー著・野崎孝訳 (1984)『ライ麦畑でつかまえて』白水Uブックス

J.D.サリンジャー著・村上春樹訳 (2006)『キャッチャー・イン・ザ・ライ』白水社

参考サイト
HTB制作スペシャルドラマ (2006)『大麦畑でつかまえて』

登場人物紹介
  グレオ
神奈川県出身、文学部の大学2年生。趣味は映画観賞と食べること。スマホが離せない少し優柔不断な次男坊。ミレイはカフェのバイト仲間。

  ミレイ
料理と読書、そして雑穀が大好きな、東北の中山間地出身の女子大家政学部の3年生。雑穀エキスパート認定者。責任感が強く、負けず嫌い。

 




PAGE TOP