2023年『国際雑穀年』情報発信ページ

International Year of Millets 2023 Dissemination of information

2023年の国際雑穀年を記念して、日本雑穀協会によって開設された情報発信ページです。国際年に関する様々な雑穀情報を日本からご紹介していきます。
This is an information dissemination page established by the Japan Millet Association to commemorate the International Year of Millets 2023.
We will introduce various millets information about the international year from Japan.

雑穀の価値と魅力を世界へ発信
Japan Millet Association

国際雑穀年を迎えて
 今年、2023年は、国連食糧農業機関(FAO)により国際雑穀年として定められました。世界三大穀物のコムギ、トウモロコシ、イネは、イネ科穀物全体の約90%の生産量を占めており、世界中の多くの人々の食糧確保において極めて重要です。一方、milletと名が付く雑穀類の生産量は、穀物全体の1%程度です。また、日本国内では、雑穀として取り扱いのある、大麦やソルガム、イネ科以外の擬穀類といわれるキノアやアマランサスを加えても、全体の数%程度に過ぎません。しかし雑穀は、三大穀物が栽培できない乾燥地帯や瘦せた土地など、恵まれていない農業環境でも栽培可能で、これらの地域では雑穀が主食であり貴重な栄養源として人々の生活を支えています。
 日本国内を見ると、日本人の主食はコメ(白米)、また麺やパン等に使われる精白されたコムギですが、おいしさや生産性を追求していくことにより、健康に必要な栄養や機能性に関わる成分が十分に摂取できなくなり、生活習慣病等、様々な問題を引き起こしています。また、ここ数年の世界情勢の変化によって、健康に直結する食についても日本や世界各国で問題、課題が噴出しています。この激動の時代に、雑穀の価値が国際的に認められることとなる国際雑穀年は、国連の活動と共に、雑穀の生産、加工、販売をはじめとした雑穀に携わる事業者や雑穀研究者、料理関係者のほか、教育機関や行政、関連する各団体の取り組みが問われています。日本各地、関連する各分野から、世界へ向けて、雑穀の価値と魅力を最大限に伝えていきたいと思います。

一般社団法人日本雑穀協会

◇ 国際雑穀年とは ◇
 すべての人々が栄養ある安全な食べ物を手に入れ、健康的な生活を送ることができる世界を目指して、農林水産業の発展や食料安全保障、農村開発等に取り組む専門機関『国際連合食糧農業機関』Food and Agriculture Organization of the United Nations(FAO)により提唱された2023年の国際年です。

 栄養、農業、気候の課題に対応するための雑穀の役割を理解し、雑穀の気候耐性と栄養面での利点に対する認識を高め、雑穀の持続可能な生産と消費の増加を通じて、多様でバランスのとれた健康な食生活につなげることを目的にしています。

 雑穀は、食料としての高い栄養価や機能性、作物としての広い環境適応能力を有することから、世界の食料安全保障と飢餓の解消に大きな役割を果たすことが期待されています。

(詳細については、以下の公式FAOサイトにてご確認ください)
※ FAO International Year of Millets 2023 SITE
※ 国際年について(国際連合広報センター)

【雑穀の定義と国際雑穀年の対象】
国際雑穀年 International Year of Millets において、Milletsとして対象となる穀物は、英名でmilletと名がついている、Foxtail millet(アワ)、Barnyard millet/Japanese millet(ヒエ)、Proso millet/Common millet(キビ)、Finger millet(シコクビエ)、Pearl millet(トウジンビエ)などですが、この他、Teff(テフ)、Fonio(フォニオ)、Sorghum(ソルガム)など、それぞれの国や地域において食糧としての価値があり、生産量の少ない穀物が幅広く含まれるとされています。また、世界的に見ると、国によって雑穀の種類は、主食穀物や食糧事情の違いにより様々です。そこで、日本雑穀協会では、日本国内において雑穀の定義として浸透している「主食以外に日本人が利用している穀物の総称」に準じて、この中に含まれる雑穀を国際雑穀年の対象として、広く紹介してまいります。

 

                Information                


FAO公式 COMMUNICATION HANDBOOK AND TOOLKIT(PDF)
※ 国際雑穀年(IYM2023)に関する、テーマや目的、雑穀のイラスト、ポスター、バナー、プロモーションビデオなどが集約された、公式ハンドブックデータです。


全インド農民協会連合(FAIFA) 国際雑穀年紹介ページ
※ インドの農業コミュニティを支援し、農家の持続可能な未来を創造することを使命とする非営利団体FAIFA (The Federation of All India Farmer Associations) による、国際雑穀年紹介ページです。国際雑穀年は、世界一の雑穀生産国であるインドの提案により国連で決議されたことから、最も力を入れて取り組まれています。


《開催される企画、イベント紹介》


▷ 2023年 国連・国際雑穀年記念オンラインイベント『つぶつぶ雑穀パワーフェス』
危機的な雑穀栽培と現代の食生活の再創造を目指して、各分野で活躍中の農学者や雑穀料理家、雑穀生産者らによる、参加費無料のオンラインライブトークイベントです。
【開催日程】1月21日(土)、2月18日(土)、3月18日(土) 各19時〜21時  主催/ ワノサト・エコビレッジ・プロジェクト


▷ 国際雑穀年記念 SNS投稿 雑穀フォトコンテスト2023
2023年のSNS投稿フォトコンテストは、国際雑穀年を記念した企画で実施いたします。雑穀原産地をテーマとして、日本各地の圃場風景のほか、料理、スイーツ等、それぞれの雑穀を活用したSNS投稿に広げて、1年を通じて雑穀をPRし、価値と魅力を世界へ発信してまいります。詳細については、2023年3月9日『雑穀の日』に発表を予定しています。

4月~5月:欧州原産の雑穀(大麦、ライ麦、オーツ麦)

6月~7月:中南米原産の雑穀(キノア、アマランサス)
8月~9月:アフリカ原産の雑穀(ソルガム、シコクビエ)
10月~11月:アジア原産の雑穀(キビ、アワ、ヒエ、ハトムギ)


 

【ご案内】
※ 国際雑穀年に関連する情報は、こちらからどうぞお寄せください。

※ SNS/Twitter,Instagram,Facebook等における国際雑穀年に関しての情報発信投稿時には、以下のハッシュタグを合わせて記載してください。
#IYM2023 #国際雑穀年

PAGE TOP