〚第29話〛大麦分類方法を正しく理解する 1, 2, 3


『雑穀物語NEXT』
この物語は、古来から日本人の生活と密接に関わってきた、食の文化財ともいえる雑穀の価値と魅力について、正しくわかりやすく広めるために生まれた、雑穀の真実に挑戦する信実のヒューマンドラマです。雑穀エキスパート資格を持つ、雑穀が大好きなミレイとその友人グレオを中心に、様々なテーマで展開していきます。



ミレイ
「グレオくん、今日の『みんなで絵本を作ろう会』のボランティアスタッフ、よろしくね。男手が少なくて困ってたので、助かるわ。このもち麦おにぎり、差し入れよ。うちの商店街のお米屋さんのお姉さんが作ってくれたの。」

グレオ
「了解、了解。へ~、もち麦おにぎりか、とってもおいしいね。パクパク、もぐもぐ。」

ミレイ
「あっ、何個目? スタッフはひとり2個までよ。」


グレオ
「4個、いや5個目だった、。。ところで、ミレイちゃん、麦って種類多いよね。もち麦の他にも、大麦、小麦、ライ麦、オーツ麦、押麦、丸麦、米粒麦、はだか麦、ビール麦、、、すごいよね。これら全部を混ぜ合わせると、どんなおにぎりができるんだろう?」

ミレイ
「違うよ、グレオくん。今言ったこと、作物としての麦の種類や精麦方法の名前、用途による名前がごっちゃになってるよ。」

グレオ
「え~そうなの?どれのこと?」

ミレイ
「ライ麦やオーツ麦は、麦の名前なんだけど、押麦、丸麦は大麦の精麦方法の違い、ビール麦は、ビールに使われる大麦っていう意味よ。大麦って、用途も広く、いろいろな名前で呼ばれているから、混同してしまうこともあるの。」

グレオ
「えーっ、そうなの、少し勉強したくなったかも。教えてくれる? 」

ミレイ
「いいわよ。まず、行政的な観点からいくと、農林水産省で統計としての麦の分け方は、小麦、二条大麦、六条大麦、はだか麦の4種類になるわ。はだか麦も大麦の一種ね。」

グレオ
「へ~、二条、六条って、京都の通りみたいだね。四条はないの? 」

ミレイ
「四条も三条もないわ。大麦でいう、二条、六条は、穂に並んだ実の列のことなの。この写真を見てくれる? 小穂っていう種になるところが、2個づつ付いているか、6個づつ付いているかってこと。基本的には、大麦はこの二条か六条のどちらかになるの。もっと正確にいうと、穂軸の各節に小穂が3個ずつあって、六条大麦は3個とも実を付けるので、上から見ると六角形になっているの。しかし、二条大麦は中央の小穂だけに実が付いて、両側の実は退化してしまっているので、穂は扁平状に見えるのよ。」

二条大麦           六条大麦

グレオ
「なるほど、実が付いている形から二条大麦や六条大麦って言ってるんだね。」


ミレイ
「また、粒の大きさは、一般的には二条大麦の方が大きいことが多いので、二条大麦のことを “大粒大麦”、六条大麦のことを “小粒大麦” って分けられることもあるのよ。」

グレオ
「そーなのか。ここまで、何とか理解しているけど、まだまだ呼び方ありそうだね。」

ミレイ
「うん。そして、はだか麦のことなんだけど、これは種子についている皮がつるんっと、すぐに剥がれちゃう大麦の種類なの。そして、簡単に皮が剥がれない種類を “皮麦” としているわ。二条大麦、六条大麦は、すべてこのはだか麦と皮麦のどちらかになるのよ。」

グレオ
「なるほど、そうーいうことか。

ミレイ
「また、お米にもち米とうるち米があるように、大麦にも、“もち” と “うるち” があるの。もち性の大麦のことは、一般的に “もち麦”と呼ばれているわ。もち性の小麦は、そのまま “もち小麦” っていうのよ。」

グレオ
「ふ~ん、そうかぁ、だんだん覚えきれなくなってきた。でも、今日のもち麦おにぎりは、もち性大麦が入ったおにぎりだってことはOKだね。」

ミレイ
「そこは大丈夫なのね。ということで、大麦って、もっといろいろな呼ばれ方があるので、この続きは、今日の会が終わってから話すね。みんなで絵本を作ろう会、がんばろうね。」

グレオ
「は~い、スタッフがんばります! みんなも食べようよ、もち麦おにぎり。もちもち、ぷちぷちして、とってもおいしいね!」

(次の2ページへ)

PAGE TOP