日本雑穀協会

「雑」の力雑穀を食す

雑穀エキスパート講座受付中 セミナー・イベント開催案内
資格制度:種類と内容
認定資格の種類と内容
資格制度は、「雑穀エキスパート」 「雑穀アドバイザー」 「雑穀クリエイター」から構成されており、受講者の目的に応じて、必要な知識やスキルを習得することができます。
雑穀エキスパート 対 象 者 日本雑穀協会の趣旨に賛同し、雑穀に関する幅広い知識を習得し、食品を取り扱う企業における商品開発や商品企画、営業活動、企画販売、また調理などに得られた知識を活用したい方。
認定者基準 雑穀の基本的な知識を一定基準以上習得したと考えられること。
雑穀アドバイザー 対 象 者 雑穀エキスパート認定者であり、より専門的で幅広い知識やスキルを身につけ、実際に雑穀の普及・啓発活動に生かしたい方。
認定者基準 雑穀の基本や現状を良く理解したうえで、雑穀を食材として活用出来る調理知識や技術を持ち、それぞれの活動の中で広めていく提案力を持って、日本雑穀協会と共に雑穀の健全な普及・啓発活動を行っていく意思のあること。
雑穀クリエイター 対 象 者 雑穀アドバイザーとして活動し、専門的な知識やスキルを持って、新たな雑穀の可能性を追求すると共に、それぞれの専門分野で指導的な立場として活躍していく方。
認定者基準 それぞれの専門分野において、高い知識と技術を有し、雑穀における新たな価値と市場を創造していき、またそれら分野で指導・教育出来ること。
雑穀エキスパート講座
カリキュラム
<講座>
講義名内容
総論 世界の食糧生産の現状、雑穀の定義、雑穀の有用性、雑穀の生産と流通の動向から、雑穀の全体像を理解します。
主要な雑穀の
特徴と栽培方法
ヒエ、アワ、キビ、アマランサス、ハトムギ、有色米などの主要な雑穀について、その特徴と栽培について学びます。
雑穀の加工と製品化 収穫から雑穀加工(脱穀・精白)の具体例や製品化までの流れ、また雑穀の輸入や流通の現状等を学びます。
雑穀の栄養と機能性 雑穀の優れた栄養価や、健康や美容、老化と関係の深い活性酸素消去能などの機能性について理解を深めていきます。
雑穀の市場性 雑穀に関する消費者動向やブレンド雑穀市場の状況、加工雑穀原料の現状と課題など、雑穀市場について理解します。
雑穀に関する法規制 雑穀が食品として安心して流通していくために、JAS法をはじめとした必要な表示方法と読み方について学びます。
<試験>
認定試験 選択問題、記述問題 (60分)
特別講習 認定試験終了後に特別講習を行います。

※それぞれの講義については、雑穀普及のスペシャリストである日本雑穀協会理事や雑穀関連企業、雑穀研究者、および雑穀クリエイターが講師をつとめます。

必要な費用について[2014年4月1日以降]
内容 金額(消費税含む) 備考
受講申込時  合計 43,200円
受講料 32,400円 教材費を含みます
試験料 10,800円 試験日の講習費用を含みます
資格認定時  合計 17,400円
認定料 5,400円 認定証一式作成費を含みます
個人会員年会費 12,000円 資格有効期間の2年分になります

※雑穀エキスパート資格は2年更新制です。資格更新時には、更新後の認定者カード作成費を含む更新手数料(3,240円)が必要になります。

※資格認定時には、初回有効期間までの個人会員入会が必須になります。なお、更新後については、任意継続となり、ご希望の場合のみ手続きをお願いいたします。個人会員年会費は、6,000円となります。

講座開催スケジュール

現在、募集中の講座はございません

雑穀アドバイザー講座
カリキュラム
<講座>
1次講座講習内容
1日目 雑穀を取り巻く現状 日本国内における雑穀の現状を総合的に学び、雑穀普及のために必要な、前提となる基本的な知識を修得します。
大麦の栄養と機能性 機能性食品として注目されている、大麦の基本から、栄養、機能性、利用の実際まで、体系的に学びます。
2日目 主な雑穀品種の特徴と利用 雑穀の新たな市場開拓のために、各地で育種開発されている新品種の特徴と利用、今後の可能性を学習します。
雑穀の特徴を生かした使い方 【実習】 雑穀の特徴を生かした調理方法を通じて、雑穀のおいしさや魅力の引き出し方について実習します。
製菓・製パン利用の実際 製菓・製パンなど様々な分野に利用が拡がる雑穀について、多様な加工方法や商品活用事例を学びます。
2次講座講習内容
1日目 キノア・アマランサスの栄養と機能性 その高い栄養価や機能性から、近年国内外で注目されるこれら小粒な雑穀について、専門家から詳しく学びます。
雑穀と健康 それぞれの雑穀に含まれる栄養や機能性が、実際に健康とどのように関係しているかを理解します。
雑穀と美容 それぞれの雑穀に含まれる栄養や機能性が、実際に美容と どのように関係しているかを理解します。
2日目 雑穀料理教室運営の基本 (講義) 料理を通じて雑穀の魅力を伝える、教室運営の基本的な進め方について学びます。
雑穀料理教室運営の基本 【実習】 料理を通じて雑穀の魅力を伝える、教室運営の基本的な進め方について、実習を通じて身に付けます。
雑穀の遺伝資源 作物としての雑穀の重要性を、遺伝資源の観点から学び、これからの雑穀との関わり合いを理解します。
認定試験内容
筆記試験 (選択形式)、  記述試験(論文形式)

※認定試験を受験するには、1次講座、2次講座すべてのカリキュラムを受講する必要があります。

※各講義は、専門家、雑穀クリエイター、及び経験豊富な実務者、協会関係者が行います。なお、講師については、お申込みいただいた方に別途ご案内いたします。

受講料、認定料について
内容 金額(消費税含む) 備考
受講料(講座お申込み時) 156,600円 1次講座、及び2次講座の受講料、教材費、試験料、消費税を含む
認定料(試験合格後) 32,400円 認定証一式、消費税を含む
第7回雑穀アドバイザー講座スケジュール
  【募集期間 2015年12月15日(火)~2016年1月8日(金)】

  1次講座  2016年 1月22日(金)、23日(土)
  2次講座  2016年 2月20日(土)、21日(日)
  認定試験 2016年 3月26日(土)

  ※詳しくは、下記の募集案内をご確認ください。

    ■募集案内 (PDF/210KB)

 
下記よりお申込みください
申込み


雑穀クリエイター講座

第2回雑穀クリエイター講座<企画・推進分野>の開講を2016年6月に予定しております。
雑穀の商品開発や企画、地域での普及に貢献するプロフェッショナルな人材を理事企業協力のもと育成いたします。詳しくは、追って発表いたします。

※第7回雑穀アドバイザー講座で合格された方も受講資格が得られます。